【お知らせ】【Mastodon】私が管理する一部インスタンスの利用規約を変更しました

 表題の通り、私の運営するマストドン・インスタンスの一部につきまして、利用規約の重要な変更をおこないました。

 2017年9月15日現在、次の2インスタンスが対象となります。

 今回、これらのインスタンスの利用規約に、「悪質なユーザに関する通報のお願い」という項目を追加しております。

 禁止事項に違反している、迷惑行為をおこなっている等、悪質なユーザを見かけましたら、相手がこのインスタンスのユーザであるか否かを問わず、通報をお願いいたします。

 通報の際、できるだけ詳細な理由をコメント欄にお書きください。また、特に悪質な発言がある場合は、発言の一覧から当該発言をマークしてください。

 通報されたユーザがこのインスタンスにとって不適切であると管理者が判断した場合は、当インスタンス上での当該アカウントの活動を完全停止させます。しかしながら、これは通報したアカウントを管理者が必ず活動停止させることをお約束するものではございませんので、ご注意ください。

 なお、著しく悪質であると管理者が判断したユーザにつきましては、当該ユーザの情報を、このインスタンスの管理者が運営するすべてのインスタンスで共有いたします。

 本年4月以降日本でも流行が始まった分散型SNS「マストドン」は、黎明期の熱狂も一段落し、普及期にさしかかっているのではと思いますが、残念ながらそれに伴い、招かれざる客も確実に増えています。インスタンス管理者の中には、悪質なbotアカウントへの対応を余儀なくされている方もいらっしゃいますが、残念ながらそれが現状です。

 つきましては、私が管理するインスタンスにおきましても、悪質なアカウントに対する通報をユーザの皆様に促すべく、先述の文言を追加するに至りました。

 通報は、マストドン標準のWebクライアントからであれば、ユーザ情報もしくはユーザの個別のトゥート(発言)のメニューから「通報」を選ぶことで実施できます。

 なお、サードパーティ製のクライアント・アプリからの通報に関しては、完全にアプリ側の実装に依存します。私が愛用する「Amaroq」や「Tootdon」(いずれもiPhone版)につきましては、個別記事に対する「報告」は可能ですが、ユーザ情報のページからは当該ユーザについての「報告」をおこなうことは出来ないようです。

 もし、通報機能が十分に備わっていないサードパーティ製クライアント・アプリから「通報」と同じことをおこないたい場合、お手数ですが、通報の理由を添えて、管理者までダイレクト・メッセージの送信をお願いいたします。

 管理者は、なるべく24時間以内に対応の是非について判断し、アカウント活動停止が妥当と判断した場合はそのように対応させていただきたいと思います。ただし、通報されたアカウントを必ず停止させることをお約束するものではないということだけは、ご認識ください。

 なお、インスタンス内で活動停止措置を執ったアカウントに関する情報や、活動停止措置をおこなった、もしくはおこなわなかった理由に関するお問い合わせについては、一切応じることが出来ません。こちらについても、あらかじめご承知おき願います。

 それでは、よろしくお願いいたします。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はMastodon, 業務連絡に投稿されました タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す