「5.3憲法集会」に行ってきた・2017

5.3憲法集会・2017 予定通り、昨日・2017年5月3日(水・祝)、私は東京臨海広域防災公園で開催された「5.3憲法集会」に足を運びました。

 とは言いましても、実は当日、寝坊してしまい、現地到着は13時半頃になってしまいました。そのため、スピーチについても前半部分は聞くことが出来ませんでした。

 自分が到着したとき、ちょうど、4野党+1会派の代表による演説が始まろうとしていた頃でした。

 今年は憲法施行70周年ではあるのですが、憲法だけにとどまらず、現在審議中の「共謀罪」に関する話も何度も出てきました。

 私も全部は拾いきれなかったのですが、野党議員さんやゲスト登壇者の皆さんのお話をまとめると、概ね次のような話になると思います(順不同)。

  • 日本国憲法は制定当時は先進的なもので、以降70年間変える必要がなかった。
    変えるべきは、憲法ではなく、憲法をないがしろにした政治のほうではないか。
  • 総理の、総理による、総理のための憲法改悪は、絶対にあってはならない。
  • 安倍総理の存在そのものが憲法違反だ。
  • 自民党改憲案では、憲法第97条「基本的人権の尊重」が削除されている。
  • 日本がすべきことは、アメリカ従属ではなく、憲法に則って対話で働きかけることでは?
  • 戦争屋に、これ以上やりたいようにやらせるわけにはいかない。
  • 共謀罪は内心の自由を脅かす。審議すればするほどテロ対策でないことが明るみに出る。過去3回廃案になった共謀罪法案と本質的に何ら変わるものではない。
  • 共謀罪において、警察は公平な操作を信頼しろというが、沖縄では現実に強権が発動されているではないか。
  • 沖縄では、日本国憲法が完全には適用されていない。米軍基地の存在が、憲法適用を阻止している。
  • 沖縄では、本土復帰運動を始めるときに、独立ではなく日本の施政下に置かれることを選択したが、これは日本国憲法が輝いていたからだ。
  • 韓国では、既に公権力により国民の人権が抑圧されていて、若者が自国を「ヘル朝鮮」と呼ぶ国になってしまった。しかし、その韓国では先日大統領を追放した。その後ようやく、憲法が憲法の役割をすることが出来た。
  • 安倍政権打倒のために、選挙協力をしっかりして衆院選を戦い抜こう。

 今回、韓国からゲスト登壇者がお越しになっていたのですが、その方による「ヘル朝鮮」の下りのご発言は、もし共謀罪が成立してしまったならばそのあと日本がどうなるのかを暗示しています。今だって、今回登壇された「沖縄の風」の伊波洋一議員や、沖縄平和運動センター議長の山城博治氏がおっしゃるように、沖縄では日本国憲法が完全な形では適用されていないわけなのですから…。

 やはりなんとしてでも、共謀罪法案を成立させてはならないのです。ましてや憲法改悪なんてもってのほか。次の衆議院議員選挙では、野党各党には、不正選挙を打破した上で、恒久的な政権交代を実現してほしいものです。

 なお、昨日の憲法集会、参加者数は昨年を上回る55,000人だったとのこと。とはいえ、個人的にはまだまだ全然足りないと言わざるを得ません。特に若い人の姿をほとんど見かけなかったのは致命的です。これから先この国で生き続けなければならない若者たちにとって、断じて他人事などではないのですから…。

関連ページ
5.3憲法集会

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はGeotag, 政治, 時事に投稿されました タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す