【私的メモ】「Mastodon」関連のお役立ちサイト

 先週から挑戦していた、自分用の「Mastodon」インスタンス、昨日とりあえず動くところまでは出来ました。

 そのあと微調整をして、今日の夜までには運営方針を決めたいと思います。

 お一人様インスタンスにする気は毛頭ありませんが、契約しているサーバが「さくらのVPS」の2Gプラン(HDD 200GB)であるため、インスタンスの定員を100名以上にしてしまうと収拾がつかなくなってしまいます。そのため、一般公開するとしても、定員はせいぜい20名程度にしようかと考えております。

 さて、私がインスタンスを作成する上で主に参考とさせていただいたインターネット上の記事を紹介させていただきます。

仮想専用サーバ

  • さくらのVPS
    • 今回は費用を安く上げるため、こちらのサービスを使うことにした。

メール配信サービス

  • SparkPost
    • Mastodonインスタンス立ち上げの記事で多数取り上げられている、無料から使えるメール配信サービス。小規模インスタンスであれば無料コースで十分だろう。 1)本当は「さくらのレンタルサーバ」のメールサーバ機能でメール配信したかったけど、設定がうまくゆかず断念。

サーバ初期設定に関する情報

  • 【さくらのVPS】サーバの初期設定ガイドさくらのサポート情報
    • さくらインターネット」公式情報。有志によるMastodonインスタンス構築記事のほとんどは、サーバの初期設定について触れていない。そのため、それらの記事を読む前に、まずは公式情報でサーバの初期設定をおこなう必要がある。
      ただし、この公式情報は「CentOS6」を前提に書かれているため、「CentOS7」を採用する場合、鵜呑みに出来ない。特にSSH接続の設定とファイアウォールの設定については、後述の記事を併読すること。
  • CentOS7 インストール後の設定CentOSサーバー構築マニュアル
    • OSに「CentOS7」を採用し、「【さくらのVPS】サーバの初期設定ガイド」の手順に沿って作業を進める場合、その中に記載されているSSH接続の変更内容読み込み方法を適用できない。
      そのため、こちらの記事に記載されている「systemctlコマンドの使い方」を参考に、リロードや状態確認などを適宜おこなう必要がある。
  • CentOS7(RHEL7) Firewalldの基礎の基礎LINUXの勉強ブログ
    • OSに「CentOS7」を採用し、「【さくらのVPS】サーバの初期設定ガイド」の手順に沿って作業を進める場合、その中に記載されているファイアウォール設定方法を適用できない。
      そのため、こちらの記事を参考に、最低でも「sshdのポート変更」と「httpの通信許可」「httpsの通信許可」をおこなうこと。 2)httpsの通信許可については直接的には触れられていないが、httpの通信許可の説明にある「http」を「https」に読み替えればよい

インスタンス構築に関する情報

今回私が初めての自分用インスタンスを立ち上げるに当たり、数多くのサイトを参考と指せていただきましたが、その中で特に有用だったもののみを紹介させていただきます。

  • さくらVPSでmastodonのインスタンスを立てた(CentOS7)Qiita
    • 今回最も参考となった記事。事前に先述の記事群を参考にサーバ初期設定を済ませた上で、基本的にはこの手順の通りに作業を進めてゆくとよい。
      何か詰まるところがあったら別記事を当たってみよう。
  • Let’s Encrypt と Nginx で Qualys SSL Labs の評価をAにするQiita
    • おそらく、先述の記事の通りに作業を進めてゆくと、「dhparam.pem」絡みのエラーが発生すると思われるので(少なくとも自分の環境ではそうなった)、こちらの記事に記載されている手順で「DH鍵を作る」必要がある。

構築したインスタンスのカスタマイズに関する情報

構築したインスタンスのメンテナンスに関する情報

  • Mastodonインスタンス立ち上げ後にやることゆめをみること.
    • 表題の通り、Mastodonインスタンス立ち上げ後に最低限やらなければならないことがまとめられている。日次タスク、週次タスク、月次タスク。
      /your/gitcloned/mastodon」と書かれているところについては、適宜ご自身の環境に読み替えること。
  • documentation/Docker-Guide.md at masterGitHub
    • Mastodonの本体プログラムの最新版を適用する方法について、日本語記事で私の頭でも理解できそうなものが見当たらなかったため、こちらの記事の「Updating」を参考にさせていただいた。この手順でいいんだよね…。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00

References   [ + ]

1. 本当は「さくらのレンタルサーバ」のメールサーバ機能でメール配信したかったけど、設定がうまくゆかず断念。
2. httpsの通信許可については直接的には触れられていないが、httpの通信許可の説明にある「http」を「https」に読み替えればよい
この記事はIT, Mastodon, Web, 私的メモに投稿されました タグ: , , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す