No Maid-cafe Month

 2017年2月も、残すところ今日限りです。

 今月、私は1回たりともメイド喫茶に足を運んでいません。

 普通の人からしてみればそれが当たり前なのですが、自分は、昨今(特に一昨年夏以降)メイド喫茶業界に嫌気がさしたなどと言いながらも、なんだかんだ言って月に1回はどこかしらのメイド喫茶に足を運んでおりました。

 そのため、1ヶ月間全くメイド喫茶に足を運ばなかった月というのは、実はかなり久しぶりとなります。

 ではどれぐらい久しぶりなのかというと、正確には覚えておりません。一応、自分が本格的にメイド喫茶に通うようになった2011年6月以降では初めてなのではという認識なのですが、同年9月以降はしばらく仕事のない期間がありましたため、もしかしたら2011年後半にメイド喫茶に足を運ばなかった月があるかもしれません。しかし、私が東京都民になった2013年9月以降に限って言えば、確実に今月がメイド喫茶に全く通わなかった初めての月となります。

 今の自分は、メイド喫茶、特にアキバ系の萌え萌えキュンな「メイドカフェ」には全く惹かれません。以前はその手のところに足繁く通っていたのですが、秋葉原電気街の徒歩圏に住むようになってから自分がこの業界に対して嫌気がさすまでの、2013年秋~2014年夏頃の自分に対して、その手の店の何が魅力的なのか、小一時間問い詰めたいくらいです。今の自分、その手の店の何がよかったのか、まるで思い出せません。

 そもそも自分は、その当時メイド喫茶通いをしていなければ、2013年秋に引っ越しを余儀なくされたときに、わざわざ秋葉原(というか東京都千代田区)という、家賃も物価も住民税もべらぼうに高いところに住もうなどとは思わなかったはずです。そのことを考えても、また、自分がメイド喫茶業界に対して嫌気がさした根本的な理由を考えても、自分はメイド喫茶に通うべき人間ではなかったと思わずにはいられません。

 もっとも、その手の店に通っていたことがきっかけで、自分は意中の人と知り合うことになりましたし、この業界の問題点を論じることを含め、意中の人との共通の話題を持つに至ったわけではありますが…。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はメイド喫茶, 秋葉原, 雑談に投稿されました タグ: , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す