【私的メモ】カスペルスキーセキュリティ2017で発生していた謎のエラーの回避方法

 私はずいぶん前から、「カスペルスキーセキュリティ」を愛用しています。

 ところが、現行バージョンの2017にしてから、時々PC起動のたびに謎のメッセージが表示されるようになってしまいました。

 そのメッセージは、「前回の本製品の起動が失敗しました」というものです。

 どうも、レジストリを掃除するソフトを使用したあとなどに発生し、しかも一度発生してしまうと二度と元に戻せなかったように記憶しております。

 この現象の対処法として、一度カスペルスキーセキュリティをPCから完全に削除した後に再インストールするという方法があるのですが、この現象が発生するたびにそんなことをしていたら、いくら時間があっても足りません。

 ところが、こんなことをしなくても現象を回避できる手段がありました。

 価格.comのクチコミに、さらっと書いてありました。非常に見つけにくいところに掲載されていたので、これをご存じない方も多いのではと思われます。

参考記事
カスペルスキー カスペルスキー セキュリティ 2017 3年5台版 のクチコミ掲示板価格.com

 この中の、2017/02/13 18:05にPS0さんという方が書かれているクチコミ投稿の中に、さらっと書いてあります。

設定 プロテクション ファイアウォール 
 システムがシャットダウンするまでファイアウォールを無効にしない チェック外す

 ただ、テキストのみの情報で、読解力のまるでない私は、一度読んだだけでは何を言っているのかわかりませんでした。カスペルスキーではなくWindowsの設定を見ようとしてしまった始末。

 この設定もあまりわかりやすいとは言えない場所にありますので、図示してみます。

「設定」を選択する 「プロテクション」→「ファイアウォール」を選択する 「システムがシャットダウンするまでファイアウォールを無効にしない」チェックを外す

 これで、私の環境でも謎のエラーメッセージは発生しなくなりました。

 謎のエラーメッセージに悩まされ続けているカスペルスキーセキュリティ2017ユーザが一人でも多く救われることを、願ってやみません。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

0
0

この記事はWindows, 私的メモに投稿されました タグ: , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す