ネット上の詐欺に注意!

 最近、Twitterのタイムラインを眺めていると、架空請求やフィッシング詐欺などの関する事例が数多く報告されています。

 それ自体は(腹立たしいことに)珍しくもなんともないのですが、ここ最近、自分の視界に入ってくるそれらの事例が急激に増えています。

 今月に入ってからは、私の元にも、詐欺ショートメッセージが来ました。もちろん私は無視していますが、今のところ無視したことによる悪影響は特にありません。

なお、今のところ、警察や消費者ホットラインには通報していません。やっぱりしたほうが良かったのでしょうかね…。

DMM相談窓口を騙る架空請求

DMM相談窓口を騙る架空請求

 最近自分がTwitterで見かけた事例には、例えばこのようなものがあります。

 他にも、Twitterでパズルなどのミニゲームサイトに誘導するときになぜかTwitter認証を要求してくる悪質なコンテンツもあったりするのですが、当該発言を発掘できませんでした…。

 Twitterで認証を求められた場合、注意していれば未然にトラブルを防ぐことが出来ます。

 注意していれば気づくことではあるのですが、自分含めて意外にこれは見落としがちです。自分も気をつけたいところです。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はIT, Twitter, Webに投稿されました タグ: , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す