【RPGツクールMV】「ソシアルワールズ」、ようやくプレイ開始。しかし…

SOCIAL WORLDS

 PC故障等の理由により、元日に開始することが出来なかった、フリーゲーム「ソシアルワールズ」につきまして、昨日、ようやくプレイ開始することが出来ました。

 録画環境や編集環境、さらにはVOICEROIDによる音声生成環境まで一通りそろいましたので、意気揚々と実況(もどき)プレイ動画を制作…するはずだったのですが、状況はそう甘くありませんでした。

 まずは、ゲーム開始後1時間以内でいったんプレイを中断したのですが、その間のナレーションをVOICEROIDで作成する作業が、途方もない量になっています。

 まだ当初予定の半分ほどしか作業が進んでいないにもかかわらず、すでに音声ファイルの数は100を超えてしまっています。

 これでは、約1時間のプレイごとに動画を1本制作するとして、更新頻度は1週間おきぐらいになってしまいそうです。

 さすがにこんな状況では、本来のゲームを楽しむという目的そのものまでおろそかになってしまいそうです。

 そのため、VOICEROID実況という方針を取りやめて、以前私が「InfinityStory」というゲームをプレイしたときの様に、ただ単にプレイ動画を流すだけのスタイルにでもしようかなどと考え始めています 1)諸般の事情により、私の肉声による実況はやりたくない

 あるいは、実況動画作成そのものは本当にのんびりやるとして、それとは別枠で純粋にゲームを楽しんでさっさとエンディングを見てしまうというのもいいかもしれません。むしろそのほうが、動画を作成する上でも迷わないでしょうし。

 ソシアルワールズ、まず初回プレイの感想としては、丁寧に作り込まれているという印象を受けました。

 チュートリアルも、時々誤植もあるものの、説明内容がおおざっぱだったり詰め込みすぎだったりせず、私の様な頭の悪い人間でも理解できるように最適化さえています。

 BGMも素晴らしく、冒険心をくすぐってくれます。

 ガチャによる独自システムも、最初はわかりづらいと思ったものの、すぐに慣れました。

 正直、動画作成が進まずにうなっている暇があるなら、さっさとプレイを先に進めたいくらいです。

 動画作成の方針については、もう少し考えたいと思います。ただ、この動画を作成するために、VOICEROIDのソフト2本分を新たに買い直しましたので、VOICEROIDを没にするのは正直もったいないんですよね…。

 どうしよう…。

ゲーム配布元
ソシアルワールズふりーむ!

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00

References   [ + ]

1.諸般の事情により、私の肉声による実況はやりたくない
この記事はRPGツクール, ゲームに投稿されました タグ: , , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す