RPGツクールフェスが出た今だからこそ、「偽トロキャプチャ」を見直そう

 今晩は手短に。

 先日、「RPGツクールフェス」が登場したことで、ニンテンドー3DSでゲーム制作を始めた人も少なくないのではないかと思われます。

 しかし、ニンテンドー3DSには、ゲーム制作ツールには向かない致命的な問題点があります。

 そう。画面が小さすぎるのです。

 特に私のように視力の悪い人間である場合、それはより切実な問題となります。LLサイズにしたって焼け石に水です。

 というわけで、こういうときだからこそ、アレを見直しましょう。

 そう、アレ。

 偽トロキャプチャです。

 USB経由で、ニンテンドー3DS等のゲーム機の映像や音声をパソコンに出力できる、夢のようなツールです。

 私は以前、モンスターハンターをプレイしていたときに、これのお世話になっていました。あのゲームも、文字がちまちましていて読みにくかったんですね…。

 ましてや、「RPGツクールフェス」でゲームを制作するときに小さな文字とにらめっこするのは狂気の沙汰です。

 そこで私は、久々に偽トロキャプチャを利用することにしました。

 これ、実にいいですね!

偽トロキャプチャ × RPGツクールフェス (その1) 偽トロキャプチャ × RPGツクールフェス (その2)

 3DSの小さな画面でなく、パソコンの大画面を見ながら制作できるのは大きなアドヴァンテージです。これで、ゲーム制作中の疲れ目をだいぶ軽減させることができます。

 ツクラーの皆様、騙されたと思って、偽トロキャプチャの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

販売ページ
偽トロキャプチャ通信販売

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はPC, RPGツクール, Windows, ゲーム, ニンテンドー3DS, 秋葉原に投稿されました タグ: , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す