【Twitter】SNSにおけるストレスを軽減するために

 インターネットが発達するようになって以来、人間のコミュニケーションの種類も幅も劇的に増えました。

 しかし、それに伴い、不愉快な言動にさらされる機会も増えてしまいました。実際にそれに伴って、殺害されたり自殺に至ったり、それらに至らなくても実害を被った人は、かなりの多数に上るのではないかと思われます。

 私も、自分が初めてまともなウェブサイトを持ち始めた1998年以来、この問題とは切っても切り離せなくなっています。私でさえも、命の危険を感じたことは、一度や二度の話ではありません。

 今朝Twitterのタイムラインを眺めていたときに、次の発言を見つけましたが、ここで述べられていることは、SNSに限らず、それが普及する以前のネット掲示板などにもそっくりそのまま当てはまります。

 私はただでさえマスコミが大嫌いであり、新聞もテレビも遮断しています 1)先日親戚宅で久々にテレビ番組を見たときは不快感しか覚えなかった… 。ここでネットまで辞めてしまうと、情報源が何もなくなってしまうので、辞めるわけにはゆきません。

 かといって、ただ漫然とネットに接するだけだと、先述のように不愉快な言動にさらされます。そのため、結局は自衛策を講じ、接触する幅を意図的に狭める必要が出てくるわけです。

 現在自分は、次のようにして、悪意ある他者との接触を可能な限り避けるようにしています。


メールアドレスを必要な人にのみ教える。

 私はある時期以降、かなり親しい人であっても、必要に迫られない限りは電子メールアドレスを原則として教えないことにしています 2)それ以前に公開していたメールアドレスはすでに全廃しています

 そして、教える必要がある場合は、相手ごとに新しいメールアドレスを1個振り出して、そちらを教えることにしています。

 個人レベルでこれをしようとするならば、自前でメールサーバを立ち上げるか、さくらインターネットのようにメールアドレスを大量に振り出せるレンタルサーバを借りるかしないと難しいと思われますが、スパムメールに悩まされた経験のある方であれば、是非とも実施すべきと思われます。

 なお、私は、このブログではコアサーバーを用いていますが、元々はさくらインターネットのレンタルサーバを契約しており、メールでは今でもそちらを多用しています(ドメイン部分が「e217.net」となっているメールアドレスがそれに該当します)。

ブログではコメントを制限し、トラックバック等は一切受け付けない。

 私のブログでは、一般的なブログよりも厳しめの制限を掛けております。

 まず、コメント欄については、元記事公開後28日間のみ開いており、それ以降は閉鎖しております。また、コメント投稿者がこのブログの記事に初めて投稿したときには、管理者(つまり私)の承認があるまで表示されません。さらに、コメント投稿者が基本的な日本語能力を有する人間であるか否かを判断するために、コメント時に簡単なクイズへの回答を求めております。私とのつながりのある方であれば、Twitter経由でコメントをいただくこともありますので、そのほうがこちらとしてもやりやすく、ブログ運用上もそれで問題ないと判断しております。

 トラックバックやピンバックについては、現在は一切受け付けて折らず、今後も受付を再開する予定はありません。これについては、過去にスパムブログの宣伝に多用されてしまったというのがその理由です。

 一時期「Telmina.com」内で運用しておりました「お問い合わせフォーム」につきましても、現在は運用を停止しております。そちらについても、悪意ある、もしくはその疑いの濃厚な形での利用しかされておらず、設置し続ける意義がなくなってしまったために閉鎖に至りました。

 代替連絡手段はあり、その運用で特に問題はないと判断しております。

関連記事
使用上の注意Telmina.com
お問い合わせフォームは閉鎖しました。Telmina.com
【予告】【重要なお知らせ】当サイトのお問い合わせフォームを閉鎖します。Telmina::go

Twitterではアカウントを使い分ける。

 私がネットで最も活用しているのがTwitterです。そちらにおきまして、私は現在2アカウントを運用しております。

  • @\Telmina (いわゆる本アカウント。現在は公開状態で運用)
  • @SuperTelmina (いわゆる副アカウント。設置の経緯により、非公開状態で運用)

 2010年6月に副アカウントを設置した当初は、その後原則として副アカウントで発言するようにし、本アカウントはブログ投稿告知等の当たり障りのない発言しかしない予定でしたが、本アカウントでフォローしていただいている方の副アカウントフォローが思うように進まなかったため、結局、現在においても、主として本アカウントを用いることにし、広く公開すると差し障りのある発言等の一部の発言のみを副アカウントでおこなう方針にしております。

 一時期、私は最大4アカウントを同時に運用しておりましたが、管理が煩雑になってしまうため、現在の2アカウント体制に落ち着いています。ただし、今後さらにもう1アカウント増やす予定はあります。

Twitterではブロックリストの活用等、積極的に予防線を張る。

 ある意味今回私が最も書きたかったことです(ぉぃ)。

 以前より、ネット上ではいきなり他者に対して攻撃的な発言をおこなうアカウントが横行しておりますが、特に昨今ではそれがひどくなっています。

 他者に対する暴言は、いわゆる言論の自由の埒外の話だとは思うのですが、どうもその様な考えを持ち合わせないご都合主義の人間が多いようです。そしてそんな人間とまともに会話することなど不可能です。

 そのため、その手の連中から身を守るためにも、有害アカウントに対する予防線を張ることが、不可欠となっています。

 Twitter界隈では、元Twitterエンジニアである Jacob Hoffman-Andrews 氏により、「Block Together」というサービスが提供されています。

 元々は純粋なスパム対策ツールとして登場したのでしょうが、日本においてはこれがヘイトスピーチ対策としても用いられており、作者様もそれについてはご存じであるようです。

 私も「Block Together」のサービスによって運用されているブロックリストを3本導入しています。

 この3本および自分が独自にブロックしているアカウントを合わせて、本記事執筆時点で、私は12万7千以上のアカウントをブロックしていることになります。

 本件について、私はこれまであまり語ろうとは思いませんでした。しかしながら、企業アカウントでも著名人アカウントでも何かの公式アカウントでもない「普通の」アカウントを運用する一般ピーポーがTwitter上で己の身を守るためには、これらのリストはもはや不可欠な状況になっているのではと思い、私もこれらのリストを導入していることを公表することにしました。

 もちろんこれらのリストも運用しているのは人間でありますので、たまに適切とは言えないアカウントがリストに含まれることがあります。自分自身も、自分が自分の意思でブロックした記憶がなく、なおかつブロックし続ける理由が思い当たらないアカウントをブロックしていたなどということも、何度かありました。

 しかしながら、数え切れないほど存在している「悪意あるアカウント」からの攻撃に直接的にさらされ、なおかつそれらに耐え抜くということは、容易ではありません。そのため、それらのアカウントに対して予防線を張ることのできるブロックリストの意義は、現在も重要ですし、今後もその重要性は高まるものと思われます。個人としてTwitterに参加されている皆様は、是非ともこれらのリストを導入すべきと思われます。

 なお、上記ブロックリスト以外にも、私は次の関連サービスを導入しています。よろしければ、これらのサービスの導入についてもご検討ください。

Fakers App from StatusPeople.com
フォロワーの中に「偽物」アカウントが存在するか否かをチェックするサービス
パクころ
誰かの本文の丸パクリで250favs以上取得したユーザを一括でブロックするサービス
ManageFlitter
フォロー状況等、Twitterアカウントの様々な情報を解析するサービス

実名を共有するSNSには極力参加しない。

 特に必然性がない限り、インターネット上に実名等の個人情報を公開することはあまり好ましい行為とは言えません。それらの情報を要求するサービスは、利用すべきではありません。

 私は、過去にごく一時期利用していたその手のサービス、具体的にはmixi、Facebook、Google+等については、すべて退会済みです(一部強制退会含む)。

 現在私が利用しているSNSは事実上Twitterに限られていますが、それで特に困ることもありません。むしろ、個人情報やプライバシーに対する意識の低い低脳どもを避けることができて、かえって有益ですらあります。

 ネット上の居場所を守るためにしなければならない努力の内容は人それぞれです。上記についてはあくまでこの私、 Telmina N. Arias のやり方です。しかしながら、ほかの方にとっても何らかの意味で参考となる面も在るのではと思います。本記事が、読者諸氏の今後のインターネットライフ向上の一助となれば、幸いです。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

10

References   [ + ]

1.先日親戚宅で久々にテレビ番組を見たときは不快感しか覚えなかった…
2.それ以前に公開していたメールアドレスはすでに全廃しています
この記事はTwitter, Webに投稿されました タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す