Pay Attention to Other People!

前々から感じていることですが、街中や駅構内などの公共スペースを歩いていると、他者に気を遣おうとしない人間が散見されます。

狭い通路に集団で溜まるのはまだかわいいほうで、階段やエスカレーターの出口、電車のドア付近に立ちふさがり、他社の通行の邪魔をする人間も散見されます。東京駅の京葉線コンコースや京葉線ホームでは、明らかに特定の娯楽施設に向かう者たちがそのような行動にでる光景を、毎日のように見かけます。今日もその手の連中が階段付近に群れていたせいで、危うく電車を一本見送ってしまうところでした。

そのような連中がほんの少し他者に気を遣ってくれれば、それだけで不快感は減るとは思うのですが、なぜ連中には自分たち以外の人間に気を払おうという気がないのでしょうかね?

まともな知性を持つ人間であれば、他人の邪魔をしないのは最低限のたしなみだと思うのですけどね。街中などを歩くからには、まともな知性を持つ人間にふさわしい行動を取ってくださいよ、ホント。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はMoblog, 交通, 雑談に投稿されました タグ: , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す