都知事選投票日までに一読すべきネット文書(その3)

鳥越俊太郎氏の街頭演説(新宿三丁目)

鳥越俊太郎氏の街頭演説(新宿三丁目)

 私事で恐縮ですが、先週から引き始めた風邪の治りが悪く、今晩も早めに寝るつもりでした。

 しかし、都知事選の情勢、そんな悠長なことを言っていられる場合でもございませんので、昨日一昨日に引き続き、「都知事選投票日までに一読すべきネット文書」(ネット文書じゃないのもあるけど)のご紹介をさせていた枝期待と思います。

 例によって、鳥越支持者の鳥越支持者による鳥越支持者のための視点のものが中心となります。

週刊SPA!

 私は基本的に、写真週刊誌という書物は大嫌いです。そういえば文春に続き、新潮までもが鳥越俊太郎氏を中傷する記事を掲載したとのことですが、有権者諸氏は鳥越氏に対して政策批判不可能だからと卑劣な手段を使っておとしめようとする体制側の記事には騙されないようご注意ください。

 閑話休題。週刊SPA!の公式ページには記載されていないのですが、巻頭コラムで小池百合子氏の言説について批判した記事を執筆された方が、Twitter等で発言されています。

 私自身はこの記事については目を通せていません。一応記事ページの画像もアップされているのですが、正直私の視力ではきちんと文字を認識した上で読み解くのも困難です。しかし、ご興味のある方は、この記事のために「週刊SPA!」の最新号を買うのも、悪くはないのではと思われます。

公式サイト
SPA!,[この食品が危ない]ランキング|雑誌|扶桑社扶桑社

日刊スポーツ

 私は写真週刊誌のほか、スポーツ紙も実は好きではありません。それは私がスポーツそのものを嫌っているからという事情が大きいです。

 しかし、主要新聞社が軒並み大政翼賛的な記事屋に成り下がっている現在、一部の写真週刊誌やスポーツ紙、それに漫画コミックなどが、紙媒体では貴重な、政治的リテラシーを養うものとなりつつあります。

 当初、小池百合子候補は自民党の支持を取り付けることができなかった候補として、悲劇のヒロイン役を演じていましたが、わかる人には早い段階からそれがウソであることがばれていました。そして、この記事でそのウソが白日の下にさらされました。

 この記事そのものは、小池氏に対して批判的な書き方にはなっていません。ただし、「(自民党)都連の締め付け崩壊状態」と淡々と伝えています。

 そもそも、本当に締め付ける気があるのであれば、関係者はとっくの昔に処分されていてしかるべきだと思うのですが、いかがでしょうか? そもそも小池氏本人も自民党からは追放されていないわけですしね。

参考記事
小池百合子氏に自民援軍 都連の締め付け崩壊状態日刊スポーツ

HUNTER

 今回の選挙では、本当に鳥越バッシングがひどくて、見るに堪えない状況が続いています。先述の通り写真週刊誌によるほぼねつ造と断言できる悪意ある記事な複数回放出されておりますし。

 しかし、鳥越バッシングの本質を見れば、鳥越俊太郎氏が本当に批判されるべき人間なのか否か、また、鳥越バッシングの裏に隠されたいとがなんなのかということについてもうっすらとわかるのではないでしょうか?

 この記事では、昨今の鳥越バッシングを次のように述べています。

 問題は、鳥越氏の政策ではなく人格や健康を否定するという汚いやり方。選挙妨害としか思えないこの連中の情報発信は、度を越えてはいないか?

 まともな知性と知見のある方であれば、これに対して同意することでしょう。

 鳥越氏が政策や政治的思想に問題のある人物であれば、変な人格攻撃や健康問題を攻撃したり、スキャンダルをでっち上げたりする必要などどこにもありません。

 そもそも、鳥越氏は選挙戦序盤の時こそ、不勉強であることを指摘されても仕方のない状況でしたが、その後みるみるうちに支援者の意見や視察等で得た都民の声を消化してゆき、ご自身の言葉で政策に練り込むようになってゆきました。もちろんそれでも完璧というわけではないのでしょうが、鳥越批判者は鳥越氏よりも先にまずご自身が支持する候補者の政策から批判するほうが先だと思いますね。そしてそのほうが遙かにやりやすいと思います。

 私を含む東京都の有権者の皆さん、今回の鳥越バッシングの異常性に気づき、バッシングする者たちの言動が評価に値しないことに、まずは気づいてください。そうすれば、本来批判されるべきは、バッシングを推進する者たちであることにも気づくことでしょう。

参考記事
文春、小池、橋下、高須 ― 都知事選「鳥越バッシング」の酷さHUNTER(ハンター)

上記以外で、Twitter上で紹介されている文書

 引用元不明ですが参考になるのではと思われる文書を集めてみました。

最後に

 もう、目や耳にたこができて墨まで吹いている方も少なくなかろうと思いますが、おそらく今回の都知事選挙でも、まず間違いなく不正選挙がおこなわれることでしょう。

 有権者でもとれる不正選挙対策、あります。

参考記事
これが”ムサシ”を使った不正選挙のテクニック!?投票には油性フェルトペンを持って行こう!!愛詩tel by shig
関連記事
なぜ今回の参院選で油性ペンの使用を勧める人がいるのか

 まずは、油性フェルトペンを使うことが重要です。

 私も、先日の参議院議員選挙よりも前はボールペンを使っていましたが、これでも改ざん可能なのだそうです。その話を参院選前に読んでから、つまり先日の参院選以降は、私もボールペンではなく油性ペンを使うことにしました。

 また、投票用紙を折ることも改ざんをある程度防ぐことができるという話もあるようです。しかし、私自身、元記事がどこなのかを失念してしまったので、根拠を示すことができません。私自身もうろ覚えですので、あくまで参考程度に…。

関連記事
都知事選投票日までに一読すべきネット文書 ( その1 | その2 )

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はGeotag, Twitter, Web, 政治, 時事, 東京に投稿されました タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す