【参院選2016】投票先候補者選定完了

 表題の通り、7月10日に実施される参議院議員選挙における投票先候補者の選定を完了いたしました。

 結局、次のお二方にすることにしました。

東京選挙区
小川敏夫氏(民進党)
比例区
青木愛氏(生活の党と山本太郎となかまたち)

 結局、比例区でも政党名ではなく候補者個人名を記入することにしたいと思います。

 東京選挙区では、山添拓氏(共産党)とどちらに投票すべきか延々迷っていました。実際に、昨日新宿で山添氏の演説を聴いたときに、この人は本気だと感じました。

 とはいえ、ここではあえてベテランで議員経験も長い小川氏を推すことに決めました。正直、2票入れられるなら迷わず小川氏と山添氏にできたのですけどね…。

 比例区では、元々生活の党もしくは共産党のいずれかにするつもりでした。とはいえ、政党名ではなく候補者の個人名を書く方がミスが少なかろうという判断から、具体的な候補者を選ぶことにしました。

 今回、元々投票するつもりだった生活の党から、こちらも議員経験の長い青木愛氏が立候補されています。昨日は新宿などで街宣活動をされていたのですが、夕方からは生活の党代表の小沢一郎氏が合流して渋谷の街を練り歩きしていました。青木候補は小沢一郎氏の秘書の経験もありますし、また、福祉の第一線での活動実績もあります。それらの点からも、青木愛氏には再び第一線で活躍して欲しいと思うこととなりました。

 なお、なぜ私が今回、あえて投票先を事前に公開することにしたのかと申しますと、一人区でないがために野党統一候補を擁立できず、各党から出馬している東京選挙区や比例区において、私同様投票先を迷われている方々にとって少しでも参考になればと思ったからに他なりません。定数6の東京選挙区においては、なんとしてでも、最低でも3議席は非改憲派議員を送り出したいと思っていますので、戦略投票の判断材料となれば幸いです。共産党支持の方は山添氏、民進党支持の方で蓮舫氏を支持していない方は小川氏を推すことでしょうけど、野党勢力躍進を確実なものにするためには、さらに票の掘り起こしと戦略投票が必要になります。そのため、私のように特にどちらを支持しているわけでもない人にとっては、どちらを選ぶべきか悩まなければならなくなります。

 とはいえ、個人的には、昨日限りで迷いは吹っ切れました。私は小川敏夫推し、青木愛推しで行きます。

 なお、不正選挙対策のため、投票の時には備え付けの鉛筆は絶対に使用せず、票を改ざんされにくい油性ペンをご用意ください。私もすでに一本買いました。

関連記事
今回の参院選で絶対に棄権してはならない理由
今夏の参院選におきまして、与党およびその候補者を支持しないことを表明いたします。
なぜ選挙で棄権や白票投票、支持政党なし表明を絶対にしてはならないのか

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はGeotag, 政治, 新宿, 時事, 東京に投稿されました タグ: , , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す