Go Vote : July 10, 2016 (その2)

 このところ、本当に体調を崩しやすくなっているテルミナ™です。

 というわけで、自室からの投稿です。

 7月10日の参議院議員選挙、有権者の皆様は、もう投票先を決めましたでしょうか?

 私の住むエリアにある東京選挙区は、そもそもいわゆる「一人区」ではありませんし、しかも、定数6名のところに31人も候補者が名乗りを上げるというとんでもない状況になっています。場所柄ある意味仕方がないと言えばそうなのでしょうが、昨今の「野党共闘」の流れに完全に逆行しています。

参考ページ(個人的に一番見やすいと思ったところ)
東京 – 候補者 – 2016参院選朝日新聞デジタル

 しかし、だからといって、今回の参議院議員選挙、絶対に棄権するわけにはゆきません。ここで与党に議席の2/3をとられたら、まず間違いなく憲法改悪に着手するのは火を見るよりも明らかだからです。

 そのほかにも、消費税増税、俗に戦争法とも呼ばれる安保法、TPPやアベノミクス失敗、国民総背番号制と言うべきマイナンバー制度など、現政権は国民のためになることを何一つとしてせず、国民の望まないことばかりをおこなっています。そのような政権には、一刻も早く退場に追い込まなければなりません。

 私ですが、比例区はよほどのことがない限り「生活の党」に投票すると思います。

 しかし問題は東京選挙区のほうで、先述のように非与党 1)野党だけでなく、無所属や、野党の皮を被った与党の友党も含む が乱立しているため、現時点で私はまだどの候補者に投票するか、決めていません。定数の人数分投票できるというのなら、むしろ楽なんですけどね…。

 今のところ、私は「東京選挙区」については、民進党、社民党、日本共産党から立候補している候補者3名ほどにまで絞り込んでいますが、最終決定はまだこれからということになりそうです。新人以外の方についてはこれまでの実績や言動を、新人の方については、言動や選挙公約を吟味した上で、当日どの候補者に入れるのかを決定してゆきたいと思います。

 しかし、ほんっとうにこの東京選挙区の乱立ぶりにはがっかりです。また、今後の都知事選も不安材料がありますし…。

関連記事
Go Vote : July 10, 2016

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00

References   [ + ]

1.野党だけでなく、無所属や、野党の皮を被った与党の友党も含む
この記事はGeotag, 政治, 時事に投稿されました タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す