【政治】【選挙】「市民+4野党党首有楽町大街宣」

 2016年6月19日(日)、東京・有楽町にて、市民と4野党党首による街宣がお粉悪とのことです。

 「みんなのための政治を、いま。市民+4野党党首有楽町大街宣」と銘打たれたこの街宣、「市民連合」という組織と、民進党、日本共産党、社民党、生活の党の4党の党首の合同で開催されるとのことです。

 午前10時半開催とのことですので、よりによってこの日の午後にすでにキャンセルできない用事を入れてしまっている私は、せいぜい1時間程度しか参加できませんが、せめてさわりの部分だけでも様子を見てきたいとは思います。

 この日は、私の記憶が確かならば、国会前でも抗議行動があったような気がしていますが、個人的には4野党党首が集まる有楽町の街宣のほうに興味があります。市民連合の「政策要望書」に対して4野党が署名をしたことによって成立する初めての街宣とのことであり、これまでの「市民運動」手動の街宣とどこが違うのかということも含め、興味があります。

 来月の参議院議員選挙の争点は、間違いなく「自民党による憲法改悪」です 1)個人的にはそれを主軸にとらえたこれまでのアベ政治全般を考慮した上で投票行動に移したいと思っているが 。今回の選挙では、憲法「改正」発議に必要な2/3の議席を与党勢力に与えることを、なんとしてでも阻止しなければなりません。おそらく自民党は憲法「改正」をおもての公約には出してこないでしょうが、これまでの選挙前後の言動を見ると、憲法改悪が本音であることは間違いありません。それを阻止できるか否かの、まさに正念場となるのが、今回の選挙です。

 別に市民運動の最前線に立って活動しているわけではない私にとっては、活動の最前線に立っている人や野党関係者と比べればまだまだ温度差があるでしょう。しかし、今回の画期的な街宣では、当たり前のことの再確認だけではなく、もっと現状を知るという意味でも、足を運びたいと思います。

 これまで政治に関心を持っていなかった方も、今度の選挙の結果次第で生活そのものどころか生命の危機までもが左右されかねないということを認識した上で、この手の街宣に耳を傾け、自分自身とこの国にとって最もふさわしいと思える候補者を、国会に送り出せるようにしましょう!

公式サイト
市民連合
関連記事
6/19(日)に開かれる、市民×4党党首による大街宣が重要な理由SEALDs POST

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00

References   [ + ]

1.個人的にはそれを主軸にとらえたこれまでのアベ政治全般を考慮した上で投票行動に移したいと思っているが
この記事はGeotag, 政治, 東京, 私的メモに投稿されました タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す