Direct Input Gamepad 

今夜詳しく書くつもりですが、ゲーム制作時にとんでもないミスをやらかしてしまいました。

表題の「Direct Input」形式のゲームパッドへの対応についてです。

RPGツクールMV」向けに、だいぶ前から、標準では対応していない「Direct Input」形式のゲームパッドからの入力に対応させるためのプラグインというのが存在しています。

一時期私もそのプラグインを導入しようとしたのですが、ベータテスト時に特定条件で他の必要なプラグインとの相性問題が生じてしまい、私は、当時は必要性が薄いと思い、「Direct input」対応プラグインのほうを撤去してしまいました。

ところが、これがとんでもない誤りだったことを、ゲームの正式リリース後に気づかされることになりました!

実は私がゲーム制作をするときに、以前モンスターハンターフロンティア等で使用していたゲームパッドを紛失してしまっていたため、新たにゲームパッドを買って動かしていました。

そのゲームパッドは「Xbox360」コントローラ互換の「XInput」形式と、問題の「Direct input」形式の両方に対応しています。

私がモンスターハンターフロンティアなどをプレイしていた時代にはまだPC向けのXbox360コントローラーはなく、「Direct input」などという言葉も耳にしていなかったため、入力形式の問題を軽視してしまっていました。

それ故に、「Direct input」対応を切るということは、プレイヤーに無駄な負担を押し付けるという愚行だということに、つい最近まで気づくこともなかったのです。

そもそも制作サイドではない人にとっては入力形式なんて知ったことではありません。そもそも、たいていのゲームパッド(特に「Direct input」にしか対応していないもの)は、わざわざ「Direct input」対応などと書いてあるほうが珍しいです。先日購入したレトロ風コントローラやPS3コントローラをPCで使えるようにするためのアダプターなども、特にそんな記載はなかったものの、「Direct input」のみの対応です。

というわけで、先述のプラグイン相性問題に目を瞑るか、「Direct input」非対応のままにすべきかについては、数日中に決断しなければなりません。

世の中には、「Direct input」のみに対応するゲームパッドを、仮想的に「XInput」形式の出力に変換するソフトウェアなんてものも存在するようですので、それについても試してみようかなと思います。ただ、昨晩少しいじった感じでは、過度の期待は禁物という印象を受けましたが…。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はMoblog, PC, RPGツクールに投稿されました タグ: , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す