Compatibility Issues During the Plugins of RPG Tkool MV

せっかく、「The Last Wizard」のβテストを開始しても、ちっとも気の休まらないテルミナ™️です。

バグや不具合、要改善点が次から次へと出てきます。

原因はいろいろあるのですが、特に個人的に失敗したなと思ったのは、プラグイン間の相性問題についてまるっきり考慮していなかったということです。

特に、開発環境で一旦通しプレイをして一安心したあとに追加した一部のプラグインが地雷原になっていることが判明した時は、正直萎えました。

ゲーム全体のパフォーマンスを著しく低下させていたとあるプラグインは、実はタイトル画面でしか使っていないものでした。

また、特定条件でのみ発生する、ゲーム続行不可能になる致命的な不具合については、私自身はその特定条件発生のための操作(具体的にはゲーム中にF5ボタンを押してリセットをかける)を開発中一切行っていなかった上に、通しプレイ後に導入したプラグインが悪さをしていることを突き止めるのに時間がかかってしまい、テストプレイヤーさんには多大なるご迷惑をおかけしてしまいました。

あと、これはテストプレイヤーさんではなく自分がぶち当たった問題ですが、開発環境の通しプレイ時にラスボス手前でセーブしたデータを呼び出して戦闘していた時に、上記とはまた別件と思われる事象のために戦闘中にゲーム続行不可能に陥りました。

それから、個人的に全くの未検証ですが、ユーザが多いけどクセの強い特定ウェブブラウザ上での挙動も気になるところです。

恐らく今回の作品ではこれ以上プラグインを増やすこともないのかなとは思いますが、未着手の問題については週末に一気にカタをつけたいですね。

眠れぬ夜が続きそうです…。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はMoblog, RPGツクール, 私的メモに投稿されました タグ: , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す