【RPGツクールMV】コトノハ氏作のフリーゲーム「ラハと魔法の園」公開

ラハと魔法の園

 本日付で、「RPGツクールMV」によって制作されたフリーゲーム「ラハと魔法の園」が正式公開されました。

 このゲームの作者であるコトノハさんは、「RPGツクールMV」が登場してからまだ日が浅い時に、既に「ナイトオブシンデレラ」というゲームを制作・公開されていて、大好評を博しています。

 今回の「ラハと魔法の園」では、公開前にテストプレイヤーを募集していました。私は、自分のゲーム制作のスケジュールが遅れに遅れているにもかかわらず、制作の参考にしたいという理由で、それに応募し、公開直前までテストプレイをしておりました(ぉぃ)。

 テストプレイでは一応ノーマルモードでエンディングまで(かろうじて)たどり着きました。また、正式公開版も、一応序盤はプレイしました。

 ネタばらしになってしまってはいけませんので、あまり多くを語らないことにしますが、ゲーム制作途上である自分にとってはいろいろと参考になるものがありました。

 ストーリー、といいますか、世界観もよく練り込まれていますし、タイトルにもある「魔法」がうまくシステムで表現されています。

 テストプレイ中、正直ヌルゲーマーの私にとっては難易度が高めと感じていたのですが、同様の感想を抱いたテストプレイヤーは私だけではなかったようで、正式公開版は難易度調整もおこなわれたようです。特に中盤の試験を受ける章は、テストプレイ時はとんでもなくつらかったもんな…。

 実は私、今だからばらしますけど、他人様が「RPGツクールMV」で作成されたフリーゲームをまともにプレイするのは、今回が初めてだったりします。それまではフリーゲームに実はほとんど興味がなかったのですが、自分自身のゲーム制作に詰まってしまったということもあり、テストプレイに参加することにしました。結果、こちらとしてもいくつかの問題点を指摘することができましたし、それによって自分自身の制作において注意すべき点も見えてきました。また、システム面でも、いろいろとヒントを得ることとなりました。

 なお、「ラハと魔法の園」は、Windows版、Mac版、HTML5対応ブラウザ版が公開されています。

 また、ドキュメントには、私「Telmina N. Arias」の名前も、テストプレイヤーの一員としてクレジットに掲載されています。

 最後になりましたが、私をテストプレイヤーの末席に加えていただき、貴重な体験をさせてくださいましたコトノハ様に、厚く御礼申し上げます。

公式サイト
ラハと魔法の園言葉の書庫

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はPC, RPGツクールに投稿されました タグ: , , , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す