電力小売り自由化に向けて(その1)

 先日申し上げておりますように、本年4月から、日本でも電力小売りが自由化されます。

 これに伴い、様々な事業者が電力小売り参入を表明しています。

 また、電力小売り自由化情報を集めたサイトもいくつか登場しています。

 先日私は、Twitterにて、「価格.com」の「電気料金比較」ページを教えていただきました。比較と言いつつ、肝心の比較対象の情報が出そろっていませんが、現時点でも読み物が充実しています。

 また、「新電力PPSポータルサイト」というサイトでは、「新電力会社(PPS)特定規模電気事業者・小売電気事業者一覧」から、サービス地域ごとの事業者一覧を見ることができます。もっとも、この一覧だけでは、具体的な電気料金や発電・電力調達方法などはわかりませんので、やっぱり先述の「価格.com」にも期待したいところです。

 電力小売り自由化により、電気を安く使いたい、あるいは原発由来でない電気を使いたいという人は多いと思われます。かくいう私もそうです。

 一応先日、私は次のように述べております。

よほど料金プランが無茶苦茶なものでなければ、東京ガスを軸に切り替え先を検討したいところではありますね。

 しかし、肝心の東京地区の事業者や事業者ごとの電気料金の設定がまだまるで見えてきていないため、現時点ではまだ自分が4月以降に契約する電力会社を決めることはできません 1)ただし、東京電力以外の電力会社に切り替えることだけは確実

 さて、個人的に気になったこととして、通信大手の電力小売り事業参入があります。

 大手3社(ドコモ、KDDI、ソフトバンク)いずれも、電力小売りへの参入を表明しています。

関連ページ
ドコモ・au・ソフトバンクの通信大手3社の電力自由化への取り組み方の違い価格.com

 しかし、大手三社のいずれも、既存の電力会社との提携を決定しているか、視野に入れるかしています。おそらく、電気料金「だけ」を考えれば、それぞれの事業者の通信費とのセットで安価になるのだろうと予想はできるものの、原子力発電所の再稼働により、間接的にとはいえ原発を持つ既存電力会社と契約してしまうことになってしまいます。これでは、脱原発の観点から見れば決してよいことではありません。

 私は昨秋以降、経費節約のため、光回線を携帯電話と同じKDDI(au)に切り替えました。しかし、脱原発という観点では、残念ながら電気料金もそちらにまとめることはできかねます。

 とはいえ、それでもまだ今後契約する事業者を即決できる状況でないことに代わりはありません。今後も、情報収集に努めてゆきたいところではあります。

関連ページ
電気料金比較価格.com
ドコモ・au・ソフトバンクの通信大手3社の電力自由化への取り組み方の違い価格.com
新電力会社(PPS)特定規模電気事業者・小売電気事業者一覧新電力PPSポータルサイト
関連記事
Fw: 都民6割「東電以外」検討 電力自由化 より安く/原発の電気いや (From: 東京新聞)

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00

References   [ + ]

1.ただし、東京電力以外の電力会社に切り替えることだけは確実
この記事はTwitter, 政治, 時事に投稿されました タグ: , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す