Fw: 都民6割「東電以外」検討 電力自由化 より安く/原発の電気いや (From: 東京新聞)

昨日付の「東京新聞(TOKYO Web)」の記事に、「東京新聞:都民6割「東電以外」検討 電力自由化 より安く/原発の電気いや」というものがありました。

 実は私、恥ずかしながら、電力小売り自由化が来年4月に始まるということそのものを存じ上げておりませんでした。当然ながら、私は東京新聞のアンケートにも回答しておりませんし、そのアンケートの存在すら知りませんでした。

 電力小売り自由化そのものについて知らなかった私は、当然ながらその全貌についてもわかっていません。もしかしたら、電力会社を切り替えることで何か落とし穴に填まったりしないものなのかと勘ぐってしまいます。

 とはいえ、おそらく私は、自由化されたら即切り替えると思います。理由は「より安い電気を使いたい」「原発を持たない業者の電気を使いたい」のいずれにも該当しますが、理由を一つしか選べないなら、後者を選んでいたと思います。

 東京は世界で最も電気料金の高い地域だという話を聞いたことがあります。一人暮らしの自分でさえも、月々の電気料金で4~5千円払わなければならないのは結構な負担です。

 しかも、原発事故後の東京電力の対応についても、全くいい印象はありません。責任をとるべき事故当時の経営陣は逃げちゃいましたしね。

 私の住む地域ではどのような新電力会社が参入してくるのか、これから調べなければなりません。

 なお、案の定、東京ガスは参入するようですね。こちらとしては、よほど料金プランが無茶苦茶なものでなければ、東京ガスを軸に切り替え先を検討したいところではありますね。

関連記事
東京新聞:都民6割「東電以外」検討 電力自由化 より安く/原発の電気いや東京新聞(TOKYO Web)
関連ページ
東京ガスの電気東京ガス

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事は政治, 時事に投稿されました タグ: , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す