結局、タブレットPCは修理に出すことにした。

 先日、「【悲報】タブレットPC故障」などと申し上げておりましたが、その続報です。

 結局、昨日の夕方、購入店であるヨドバシAkibaの修理受付コーナーに持ち込み、まずは修理の見積もりをしていただくことにしました。

 とはいえ、いくら購入から2年半以上経過しているとは言え、購入したときのレシートが見当たりませんでした。

 また、ヨドバシカメラの延長保証に加入していたかどうかも完全に失念していたため、私のゴールドポイントカード番号をキーに店頭で調べていただきましたが、加入していなかったようです 1)なぜ延長保証に入らなかったのか、理由を完全に失念…

 とりあえず、今回の修理で、現在私のゴールドポイントカードに記録されているアフターサービスポイントは全額使用するつもりです。とはいえ、購入した方が安いくらいの修理代金をふっかけられたらどうしようかと、今からびくびくしています 2)そもそも、2009年、私が個人事業主になると同時に使い始めた別のVAIOが購入から2年にも満たずに故障したときに、使用継続を断念した最大の理由が、ソニーが高額な修理代金を見積もってきたからでして

「Telmina - telmina.com」…まさに俺専用刻印。

 そもそも、今回修理に出す「VAIO Duo 11」は、ソニーのオーナーメイドに存在していた刻印サービスを用いており、本体の隅っこに「Telmina - telmina.com」と刻印して貰っているため、できることならば画面が映るようになるほかは現状有姿のまま返却して欲しいと思っているのですが、ちょっと難しそうですね。まあ、刻印が戻ってくるかどうかについても、見積もりの回答が返ってくるときに伺うことにはしていますが…。

 もし万が一、買い換える方が安いくらいの金額をふっかけられたときは、また別途考えます。とはいえ、先述の刻印がネックになり、おそらくは簡単に廃棄できないでしょうから、なるべく修理の方向に持って行きたいと思います。ぶっちゃけ、今の私には、タブレットPCを新調するような余裕もありませんしね…。

 それにしても、なぜ延長保証に入らなかったのか、今更ながら悔やまれます…。

関連記事
【悲報】タブレットPC故障Telmina::go
「VAIO Duo 11」到着深緑庭園 Back Number

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00

References   [ + ]

1.なぜ延長保証に入らなかったのか、理由を完全に失念…
2.そもそも、2009年、私が個人事業主になると同時に使い始めた別のVAIOが購入から2年にも満たずに故障したときに、使用継続を断念した最大の理由が、ソニーが高額な修理代金を見積もってきたからでして
この記事はGeotag, PC, Windowsに投稿されました タグ: , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す