Re-birth…

 先ほど、国民の大多数の反対や、学者による違憲判断があり、この国の今後の運命を大きく左右することとなる「安保法案」が、残念ながら参議院本会議で可決・成立してしまいました。

 これで、日本の議会制民主主義は完全に崩壊し、戦後70年間守りとおしてきた平和国家としての地位は失われることとなりました。

 しかし、なぜか、あまり悲しいという気分ではありません。

 今この瞬間から、日本の民主主義は新たなステージに入りました。

 安倍内閣発足以降、国民にとっては何一つよいことがなかったのですが、唯一安倍内閣の功績を言うとすれば、日本国民の政治的意識を高めたということではないでしょうか。

 今回の安保法案では、多くの国民が関心を持つところとなり、全国で反対運動が起きるに至りました。特に、「SEADLs」等の学生団体は、あらゆる世代・立場の人に問題意識を持たせるきっかけとなりました。

 今日は、日本におけるお仕着せ民主主義の命日です。しかし、国民が他人任せにせず、自ら考えて行動する、真の民主主義の生誕の日でもあるのではないでしょうか?

 とはいえ、産みの苦しみ、そして育ての苦しみは、これから長く続くこととなります。まずは、安倍政権発足当時のスローガン「日本を取り戻す」を、そっくりそのまま安倍政権に突き返してあげましょう。

 そして、私たち国民ができることを、地道に続けてゆきましょう。どのみち、一朝一夕で大成するようなものではないのですから…。

関連記事
【政治】 #賛成議員は落選させよう

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事は政治, 私的メモ, 雑談に投稿されました タグ: , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す