ようやく Windows 10 に落ち着けそうだ。

 月初から何度も、「Windows 10」を導入しては、元の「Windows 7」に戻すことを繰り返していましたが、(私の記憶が正しければ)6度目にしてようやく、「Windows 10」に落ち着けそうです。

 パソコンを安定して使うのであれば、これまで使っていた「Windows 7」で何ら問題はなく、むしろ見た目も使い勝手も変更されている「Windows 10」は導入しないほうがベターでした。

 しかし、結局次の理由で、「Windows 10」を導入することにしてしまいました。

  • 私が新しい物好きである。
  • いずれ、タブレットPC(VAIO Duo 11)にも「Windows 10」を導入するつもりであり、それまでにこのOSに慣れておきたい。
  • まだだいぶ先のこととはいえ、「Windows 10」に無償でアップグレードできる期間は限られており 1)発売後1年間とのこと 、忘れないうちに導入しておきたかった。

 私のパソコンに「Windows 10」を導入する上でボトルネックとなった点は、主に次の通りです。

Orion Spark G910ロジクール!
当初私は、「Windows Update」を待たず、マイクロソフト社のサイトからインストーラーをダウンロードして導入したが、このときは、「Windows 10」対応の最新の「ゲーミングソフトウェア」が公開されているにもかかわらず、それをダウンロードしてインストールしようとしても、OSに適合していない旨のメッセージが表示され、インストールを拒否された。
その後、「Windows Update」経由で「Windows 10」を導入したところ、「ゲーミングソフトウェア」をそのまま継続利用することができた。
Mozilla Firefox
先述の、ロジクール!< の「ゲーミングソフトウェア」と相性がよくない模様。とりあえず設定を変更して問題回避。
HD革命/BackUp Next Ver.2株式会社アーク情報システム
バックアップを開始すると、その後必ずブルースクリーンに陥ってPCが強制的に再起動されてしまっていた。
「オプション設定」にて、「バックアップ方式」を「ARK VSS」から「Microsoft VSS」にすることで、問題回避。

 特に、「HD革命/BackUp Next Ver.2」には最初から最後まで悩まされっぱなしでした。とはいえ、今更他社製品に乗り換えたくもありませんでしたので、最後はユーザサポートに頼ってしまいました。

 潜在的にはまだまだ問題はあるかもしれませんが、とりあえず、最低限できなければ困ることは、ほぼできるようになりました。

 現在直近で抱えている問題としては、(データ用ドライブではなく)システム用ドライブのバックアップをどうすべきかということです。

 私は、データ用ドライブをバックアップするときには、さんざん悩まされた「HD革命/BackUp Next Ver.2」を使用しています。

 しかしながら、システムドライブのバックアップについては、少なくとも「Windows Vista」以降はOS標準のバックアップ機能を用いておりました。

 「Windows 10」でもその方針を貫くつもりでしたが、そうしようとすると、「Windows 7」のバックアップを消さなければならないようであり、そのために現在躊躇している有様です。

 いっそのこと、システムドライブも「HD革命/BackUp Next Ver.2」でバックアップを取るべきか?

 それとも、「Windows 7」のバックアップをどうにかして待避させ、あくまでOS標準のバックアップにこだわるべきか?

 はたまた、バックアップ用のハードディスクドライブを新調し、「Windows 7」のバックアップを物理的に隔離させるべきか?

 非常に悩ましく、頭の痛い問題です。

 とりあえずは、「Windows 10」導入直後の状態のバックアップをまだとれていないので、まずは「HD革命/BackUp Next Ver.2」でバックアップを取ることになりますが、その後どうすべきかは、今後の課題ですね。

 うう頭痛い。

参考記事
【悲報】「Windows 10」導入断念
Windows 10 導入後、 Forefox の挙動がおかしくなったと思ったら…

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00

References   [ + ]

1.発売後1年間とのこと
この記事はWindows, 雑談に投稿されました タグ: , , , , , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す