70回目の「原爆の日」

 本日、広島に世界初の原子爆弾が投下されてから70年目となる、節目の日です。

 日本では現在、「平和安全法制」、いわゆる「安保法制」に対する猛反対の世論が広がっており、その動きは海外にも知られることとなっています。

 私などはとてもではありませんが国会中継などを逐一追いかけているような余裕はありません。しかし、ネット上で漏れ聞く情報だけ総合しても、現政権は、残念ながらこれまで日本が70年間歩んできた平和国家としての栄誉を捨て、戦争をしたがっているようにしか思えません。

 そして、残念ながら、戦争によってぼろ儲けできる軍需産業や、日本が戦争できる国になることで軍事費を削減できる一部の国は、日本国内世論では猛反対が主流となっている安保法制に賛成する動きを見せています。

 しかし、日本、日本と戦争するとされる相手国の双方にとって、一般国民には何のメリットもないどころか、消耗品としての「兵隊」として使い捨てられることになるのは目に見えています。

 私たち日本人は、原爆による被爆を通じ、世界で最も戦争の悲惨さを経験している国の民であるはずです。それを今一度思い起こし、世界に戦争の被害をまき散らす国に逆戻りすることは、なんとしてでも阻止しなければなりません。

 改めて、平和の尊さと、戦争によって誰が得するのか、そして、戦争によって我々の生活がどう変わってゆくであろう火について、思いを馳せてみませんか?

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はGeotag, 政治, 時事に投稿されました タグ: , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す