自分がもらってうれしい贈り物

 ふと、表題のようなことを考え始めてしまいました。

 以前からたびたび考えていたことではありますが、貧乏なボクちゃん、何かの機会にプレゼントが欲しいと思うことがたびたびあります。

 金額に上限をつけなければ、それこそ「巨万の富」とか「基軸通貨の発行権」とか言いたいのですが、あまりに現実離れしてしまいますので、数千円程度のものを考えてみることにします。

 去年の2月に同じことを考えていたときは、次のように述べておりました。

 現在も基本的には変わりないのですが、さらに下記についても追加したいところですね。

 私の手元には、高級ではない普通のボールペンが余っているので、高級筆記具については半分冗談です。しかしながら、ビジネスシーンなどで格好をつけるという用途はありますし、ものにもよりますが適度な重量感も筆記の手助けになります。

 逆に、冗談っぽい「孫の手」は大まじめです。背中のかゆみにたびたび悩まされていますので、これは本当に欲しい。

 「野菜ジュースの詰め合わせ」とか「紳士用靴下」とかは、自分で買ってしまうほうが手っ取り早いのですが、いくらあっても困りません。特に、どういうわけか私は靴下をよく紛失してしまいますので、常時5~6足はストックを確保しておかないと気が済みません。

 ちょっと金額の制限を緩めるのであれば、ぱっと思いつくのは「ヘッドホンアンプ」でしょうかね。安いのであれば数千円で買えるものもあるのですが、自力で買うならハイレゾ対応のものが欲しいわけで、そうなると安いものでも数万円はします。

 しかし、やはりなんと言っても、今自分が最も欲しいのは、お嫁さんですね。プライスレスになってしまいますが…。

参考記事
バレンタインデーでは相手に喜ばれるものを贈ろう

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事は私的メモ, 雑談, 雑貨に投稿されました タグ: , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す