マウス探し、再始動。

 表題の通り、また先日から、これまで使っていたゲーミング・マウスの代替品を探し始めています。

 私は、自室では、「Microsoft SideWinder X8 Mouse」というゲーミング・マウスを使用しています。なんだかんだ言って、私はこのマウスを、もう6年間使い続けていることになります。

 このマウス、やはり長年使い続けているせいか、しばらく不調が続いていました。結局、そのときにマウスを買い換えることはせず、その都度、充電池を交換しながらだましだまし使い続けている状況です。

 このところは、不調に陥ることは減ってきている気がします。とはいえ、またいつ不調に陥るかもわかりませんので、そろそろ代替品を本格的に探し始めた方が良かろうと思いました。

 残念ながら、当のMicrosoftからは、「SideWinder X8」の後継機種は登場していません。そのため、他社製品から選ぶ必要がありますが、現時点では2点、気になるマウスがあります。

 いずれもロジクール社の製品で、「MX Masterワイヤレス マウス」と「G700s Rechargable Wireless Gaming Mouse」。

 いずれもヨドバシAkibaの店頭で実際に手に取ってみましたが、そのときの感想を。

 まず「MX Master」。

 Bluetoothと、自社独自規格の「Unifying」の2つの無線通信方式に対応しているので、使う場所を選ばないのは良いことだと思いました。

 しかしその反面、宣伝文句とは裏腹に、全くと言っていいほど手になじみません。

 横スクロール用に、チルトホイールではなく独立したホイールがあるのは良いのですが、それがために、「進む」「戻る」のボタンが非常に押しづらくなっています。

 しかも、「進む」「戻る」、せっかく縦に配置してあって、指を不自然に動かしたくない俺様にはぴったりかと思いきや、この2つのボタンが近接しすぎていて、誤って意図しないほうのボタンを押下してしまう危険性が非常に高い。

 この親指周りの操作感が期待外れなため、残念ながら個人的にはパスですね。このあたりが改良されれば、ものすごく欲しい内容なのですが…。

 もう一つ気になっているのが、「G700s」。

 こちらは有線、無線両対応とのことで、しょっちゅう無線通信の不具合に悩まされる自分にとっては助かる設計です。

 しかも、チルトホイールがあったり、ボタンの数も無駄に多くない上にカスタマイズも可能だったりと、PC上でほとんどゲームをしない私のような人間でも使えそうなマウスです。

 手触りの安っぽさは否めませんが、親指の当たる「G4」~「G7」の4個のボタンも、「MX Master」よりは押下ミスは少なくなりそうです。

 個人的に気になっているのは、カスタマイズ可能な各ボタン、特に「G4」~「G7」が、カスタマイズしない状態でどのように動作するのかということ。しかし、これについては何ら情報を得られていません。また、店頭で試すことができたのは、あくまで手触りだけで、PC上での実際の操作を確認することはできていません。

 おそらく、現状では、自分がマウスを買い換えるとしたら「G700s」を選ぶことになりそうなのですが、本当に今買い換えるべきなのか、もう少し待てばもっといいマウスが登場するのか、悩ましいところです。

 現在使用している「SideWinder X8」が比類なく優れたマウスであるだけに、これをずっと使い続けることができれば本望なのですが…。

公式サイト
ロジクール
関連記事
愛用のマウスも遂に寿命か
I stopped buying new mouse temporary.

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はGeotag, PC, 私的メモ, 秋葉原に投稿されました タグ: , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す