今日のダイヤ改正に思う

 今日はJR各社のダイヤ改正の日。

 それも、通常のダイヤ改正とはまた異なり、歴史的な転換点となった日です。

長野新幹線E7系「あさま」

 まず、真っ先に思い浮かぶのは、「北陸新幹線」金沢延伸。

 以前より、一部区間が先行開業しており、「長野新幹線」を名乗っていましたが、本日より、東京から金沢まで一本で行くことができるようになりました。

 私は、昨年8月に、「長野新幹線」に先行投入されていた、北陸新幹線用車両「E7系」のグランクラスに乗ってきました。まさに快適で、短距離利用がもったいないくらいでしたが、北陸新幹線金沢延伸により、アテンダントによる車内サービスも開始され、いよいよ本領発揮となりますね。

 しかしその一方で、多くの名車、とりわけ名特急が消えてゆきました。

さよならはくたか

 北陸新幹線がらみでは、国鉄時代からの名特急「北越」や、昨日までは首都圏~北陸圏のまさに大動脈であり、日本の狭軌鉄道最速の160km/h運転を実現していた「はくたか」が、輝かしき歴史とともに走り去ってゆきました。はくたかには、何とか先月乗りに行くことができ、悔いを残さずに済みましたが…。

 そして、北陸特急「サンダーバード」も、富山に直通しなくなり、人によっては新幹線開業でかえって不便になるという状況になっているようです。

寝台特急「北斗星」

 あと、それ以外でも、日本から豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」が消え、「北斗星」も臨時列車に格下げとなりました。これらは来年春に開業予定とされる「北海道新幹線」に向けた動きの一環です。

 私は、4年前の北海道旅行の往路で、「北斗星」を利用しました。残念ながらA寝台が完売だったためにB寝台にしましたが、サロンや食堂車が近く、かえって快適な旅をできたのを覚えています。

木更津駅に停車中の特急「さざなみ9号」

 地味なところでは、私の実家近くを走る内房線の特急「さざなみ」も、朝夕の通勤特急に特化する形態に改められ、館山には行かなくなりました 1)土曜・休日運転の「新宿さざなみ」2往復は存置 。「さざなみ」という名称や、往年の観光客に支えられてきた輝かしき栄光、近年高速バスに押されつつも、新型車両投入で巻き返しを測ろうとしてきたということを考えると、今回のダイヤ改正におけるこの特急の措置は、事実上の廃止と言ってもよいものでしょう。

 在来線の普通列車関係では、個人的には近場の秋葉原を通過(怒)する「上野東京ライン」に少し興味があります。新幹線東京乗り入れに伴い長らく寸断されていた、上野~東京感が、再び結ばれることになったのは良いことなのですが、秋葉原にもホームを作って電車を止めて欲しかったと思う人間、私だけではないはず。

 なお、こちらについては、今日これから上野か東京に出向いて乗ってこようと思います。ハイ。

 全般的に、今日のダイヤ改正、メリットを享受できる人は、宇都宮線・高崎線・常磐線ユーザの一部と、金沢の人ぐらいだろうと思えるの、自分だけでしょうか?

 歴史的なダイヤ改正ではあるものの、それによって失ったものは、あまりにも大きく、また多いと思いますね。

 北陸新幹線にしても、日本の最先端技術の結晶とも言える「はくたか」の廃止や、上越新幹線の減便を伴うものである、ということを考えると、個人的には手放しで慶べませんし、上野東京ラインや、先に登場している湘南新宿ラインのように、多くの路線が乗り入れる経路についても、利便性向上というメリットと引き替えに、どこか一カ所でもダイヤが乱れると全体に波及するというデメリットを考えると、必ずしもそれが最善解なのかどうかはわからないですね…。

 とはいえ、今回の改正で消えていった列車たち、とりわけ個人的には「はくたか」と「さざなみ」には、ねぎらいたいと思いますね。そして、北陸新幹線を筆頭に、今改正で登場した路線や列車の発展を、願ってやみません。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00

References   [ + ]

1.土曜・休日運転の「新宿さざなみ」2往復は存置
この記事はJR, 北越急行, 雑談に投稿されました タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す