I can’t understand why you were staring at me.

私は毎朝、満員電車に揺られて仕事場に向かっております。

しかし、満員電車の乗客の中には、たまにどう考えても奥に詰めることが可能であるにもかかわらず、詰めずにあとから乗車してくる人の邪魔をする者がいます。

今朝、私はとある駅で電車を乗り換えたときに、ドア前で留まる者の奥に詰めることができると判断し、奥に詰めました。

ところが、ドア前に留まっていた複数の者たちが、私のことを睨みつけてきたのです。

私には、なぜ彼らに睨まれなければならないのか、全く理解できません。むしろ真に睨みつけられるべきは、私や私同様あとから乗ってきた客に対して邪魔をしている彼ら自身であり、他人に気遣うという公共道徳のイロハも知らぬ者たちのはずなのです。

そんなに他人と接触したくないなら、一生家の中に引きこもっているべきだと思うのてすけどね。

電車に乗って移動しなければならない人は大勢います。そして、できればゆったりと通勤通学したいという人は多いはず。私だってそうです。

しかし、多くの人が利用する公共交通機関で、自分の欲のために他者の権利、それも電車に乗って移動するという基本的な権利を剥奪しても良いという道理はありません。

今朝私を睨みつけたような者たちは、目の前の電車が混雑しているけど少しだけ詰められるといった場合、乗らないのでしょうか? 答えはノーですよね? そして、すでに乗っている人に、意識する、しないにかかわらず、気遣いを求めますよね?

だったらあなたがたも少しは他人に対する気遣いを見せてください。それをできないというなら、移動手段に公共交通機関を使わないでください。

以上、独り言でした。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はMoblog, 交通, 雑談に投稿されました タグ: , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す