Too rude guys

昨晩、Twitterのタイムラインに、おそらくは秋葉原電気街の話でしょうが、ビラ配りをしているメイド喫茶のメイドたちに対して客でもないのに絡んで仕事の邪魔をする者たちに関する言及がありました。

こちらとしても、誠に遺憾ながら、その言及に対しては全面的に賛同せざるを得ません。

いい歳こいてメイドの仕事の邪魔をする通行人の問題は、何も今に始まったことではありません。しかし、ここ数年それがひどくなっているように思えますし、場所によっては、通行人でごった返しているところで、集団で群れて数名のメイドに絡む者も散見されます。

その影響だけではないのでしょうが、近年秋葉原電気街におけるメイド喫茶等のビラ配りの制限が厳しくなり、千代田区内であれば万世橋警察署に届け出をして許可を得なければビラ配りできないことになっています。

しかし、事態を悪化させているのはメイドに群がるいい歳こいた中年連中だけではなく、店舗によっては、ルールを逸脱した客引きをして、たびたび警察のご厄介になっているところもあります。その手の連中は、自分たちの身勝手が秋葉原電気街全体に迷惑をかけているということに、気づいているのでしょうかね?

話は逸れますが、個人的にメイド喫茶がらみでもう一つ胸糞悪く感じている問題として、メイドの個人情報を聞き出そうとしつこく絡む困った客の問題もあります。この問題も、私が知る限りでも、遅くとも昨年夏の時点では大問題になっているのですが、一向に改善の兆しが見えません。

実は、数日前にもそのシーンを見かけたもので。メイドさんたちも対処に苦慮されていました。その人物はよく出禁にならないものだと思いますし、私がその店舗の経営者なら間違いなく当該人物を出禁にします。

接客業である以上、変な客が絡んでくるのはある程度は仕方がないことでしょうし、私でさえも時々やっちまったと思うことはあるのですが、それにしても、このままこれらの諸問題を先送りにしても、誰も幸せにならないと思うんですけどね…。

自分自身も、一応メイド喫茶に通う者として、己を律することを怠ってはならないと感じた、月曜日の昼下がりでした。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はMoblog, Twitter, メイド喫茶, 秋葉原, 雑談に投稿されました タグ: , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す