私も暗号化機能付きUSBメモリを買った方がいいかなぁ?

 私はこのところ、外出先で会う人と、写真画像などのデータのやりとりをすることがあります。

 実は私、これまでは手持ちのUSBメモリにデータをコピーしてそれを人に貸し出すということが多かったのですが、次のようなリスクがあり、あまり他人にはお勧めできない手段です。

  • 貸し出した相手がUSBメモリを紛失したり、物理的に破損したりするリスク
  • 何かの拍子にデータが流出したり、逆に出所不明のデータが混入したりするリスク
  • 貸し出した相手に悪意があり、返却時に有害プログラムを混入されるリスク

 とはいえ、かさばる上にデータを渡した後は用済みになってしまうDVD-R等でデータを渡すのも、もったいない話ですし、またディスク廃棄を先方にゆだねることになるのも、あまりいいとは言えません。

 これまで私は、いわゆる暗号化機能のついたUSBメモリの購入に対しては、あんまり乗り気ではありませんでした。暗号化機能がないほかは藤堂の機能を持つUSBメモリよりも高額になることや、単にデータを暗号化するだけならフリーソフトでことが足りることなどがその理由です。

 しかし、他者にデータを渡す機会が増えた昨今において、相手に特別なソフトウェアの導入をさせることなく、かつ可能な限り安全に、データの受け渡しをしたいというニーズが生じました。

 とはいえ、現時点ではどのメーカーのどのような品物を買えばよいのか、まだわかっていません。

 できれば、強制的にハードウェア側の機能で暗号化でき、なおかつ Windows と Mac の両方に対応しているものがあればありがたいのですが 1)USBメモリを貸し出す相手にMacユーザもいるため 、そんなものってないんでしょうかねぇ…。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00

References   [ + ]

1.USBメモリを貸し出す相手にMacユーザもいるため
この記事はPC, 私的メモ, 雑貨に投稿されました タグ: , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す