【MH4】【ぴなふぉあ】「アンナ&まゆみ✩モ●ハンツアー」参加レポート(その3;渋温泉到着)

2014年8月30日(土)、私は長野県・渋温泉に旅行しました。

今回の旅行の第一の目的は、秋葉原の「メイドカフェぴなふぉあ」がオフ会企画「アンナ&まゆみ✩モ●ハンツアー」が開催され、それに参加することでした。

ぴなふぉあ側からは、今月卒業が決まった最年長メイド・田川まゆみさんと、ぴなふぉあ随一のハンター・アンナさんが参戦されました。

なかなかレポートする時間がないのですが、出来ることなら、田川さんのご卒業までに、オフ会の全行程をレポートしたいと思います。

前回は、オフ会メンバーが長野電鉄の「モンハン特急スノーモンキー」で、渋温泉の最寄り駅・湯田中に向かうまでのお話でした。

今回は、湯田中駅からバスで渋温泉街に向かい、食事をとるところまでのレポートです。

湯田中到着

長野電鉄・湯田中駅オフ会メンバーは、長野駅から、長野電鉄の「モンハン特急スノーモンキー」で湯田中に移動しておりました。

長野から50分弱で、電車は湯田中に到着しました。

ここからは、バスで渋温泉に向かいます。

何度も渋温泉を訪れている長野県在住の方の的確なアドバイスには、オフ会終了までずっと助けられましたが、その方がいらっしゃらなかったら、私はバスの切符の買い方すらわからずじまいだったと思います…。

湯田中駅で記念撮影をしたオフ会メンバー一行は、湯田中駅から路線バスで渋温泉を目指します。

初め、バスの切符売り場がわからなかった自分は、長野県在住の参加者の方に教えていただき、何とかバスの切符を買うことに成功しました。なお、私以外の4名については、「長電記念フリー切符」を使っていたため、改めてバスの切符を買い直す必要はありませんでした。自分は旅費をけちるために 1)その割に往復とも長野新幹線のグランクラスを利用しているではないかというツッコミは却下 、JR東日本の「週末パス」を使って、湯田中までの交通費をそれで済ませてしまっていたのですが、バスの切符を購入する手間を考えると、意外な落とし穴でしたね…。

バスに乗る前に、バスマニアが喜びそうな風景を撮影できました(ぉぃ)。

湯田中駅に集まるバス湯田中駅は、いかにも温泉街の入口といった佇まいであり、ロータリーの奥では何台ものバスが停まっていました。私も何枚かその写真を撮影したのですが、きっとバスマニアが見たら、感涙に咽び泣き、恍惚感に浸るシーンなんでしょうね…。

なお、湯田中駅は高速バスの終点にもなっています。当初、田川さんとアンナさんは湯田中駅まで高速バスで乗り付ける予定だったのだそうです。もしかしたらその方が安く上がっていたかも知れません。しかし、(若干出費は増えたと思いますが)「長電記念フリー切符」を手にすることが出来、いい記念になったのではと思われます。

しばらくしてから、満員のバスは、温泉街を目指して出発しました。

渋温泉到着

渋温泉到着です。

“モンハン渋の里”で年中狩ろうぜ!」のトップページを飾る橋の写真を撮影した後は、「モンハン渋の里」を楽しむために必要な「ハンターパス」を買いに行きました。

何度も「モンハン渋の里」を訪れている長野県在住の方を除く4名にとってはもちろん初めての場所でしたので、その4名で団体割引を適用することにしました。

渋温泉バスに揺られること数分、私たちは、今回の我々の目的地である、渋温泉に到着しました。

バスは渋温泉に限らず、近隣の温泉街を巡っているのですが、「モンスターハンター」とのコラボレーション企画がおこなわれていた渋温泉は、異彩を放っていましたね。

今回私たちは、まずは「モンハン渋の里」を堪能するために必要な「ハンターパス」を購入するために、販売所に向かいました。

なお、ハンターパスはシーズン中有効でした。そのため、すでに何度も足を運ばれていた長野県在住の方は購入の必要がなく、関東出発組の4名で団体割引を適用してもらうことにしました。4名で1万円。

その後私たちは、すぐには「モンハン渋の里」には行かず、コラボ企画メニューを出しているという蕎麦屋に向かいました。

腹が減っては狩りができぬ!

その後は、長野県在住の方につれられて、企画コラボレーションメニューを出している蕎麦屋に向かいました。そこでは全員「ぶっかけそば」を注文。 「お持ち帰り用」の箸があったり、蕎麦が飛竜の卵を彷彿とさせる盛りつけになっていたりと、なかなか趣向を凝らしたものになっていました。

今回私たちは、イベント参加前に腹ごしらえをすることにしました。理由はいくつもあります。

    • オフ会参加者の大半がまだろくに食事をとっていなかった。
    • 蕎麦屋が14時にいったん店じまいをするため、それまでに食事を済ませる必要があった。
    • 14時頃から、「モンハン渋の里」で「もちつき大会G」なるイベントがあり、そちらに参加する準備をしたかった。

    何より、モンハン渋の里のコラボ企画のメニューがあった。

    今回私たちオフ会メンバー一行が口にしたのは、「ぶっかけそば」。飛竜の巣を彷彿とさせる盛りつけになっていて、参加者たちからは驚嘆の声が上がっていました。

    なお、盛りつけの卵…じゃなかった、トマトが変わった形になっていましたが、これはあくまで普通のトマトらしい。

    さらにこの店では、食事用の箸とは別に、「お持ち帰り用」の箸が別に用意されていました。おみやげ物屋で大量に購入することもできましたが、今回私は箸の購入は見送り、こちらでいただいた箸で満足することにしました 2)だってものすごく出費がかさんだんだもん…・

    ぶっかけ蕎麦 おそば屋さんもモンハン仕様

    おそばを食べ終わったオフ会メンバー一行は、いよいよ、「モンハン渋の里」に向かいます。

    しかし、すぐに集会所にこもってゲームをすることはせず、まずはイベントを堪能することにしました。

    まずは「もちつき大会G」。なんだかんだいってオフ会メンバーの大半が参加してしまいました。

    次回は、その「もちつき大会G」から、集会所に入るまでの、「モンハン渋の里」参加型イベントについて。乞うご期待。

    公式サイト
    “モンハン渋の里”で年中狩ろうぜ!
    メイドカフェぴなふぉあ
    関連記事
    アンナ&まゆみ✩モ●ハンツアーメイドカフェぴなふぉあ・公式ブログ
    【MH4】【ぴなふぉあ】「アンナ&まゆみ✩モ●ハンツアー」開催決定! しかし…
    初めての長野新幹線、3年ぶりのグランクラス
    【MH4】【ぴなふぉあ】「アンナ&まゆみ✩モ●ハンツアー」参加レポート ( その0 | その1 | その2 )

     

    このブログで関連すると思われる他の投稿:

    00

    References   [ + ]

    1.その割に往復とも長野新幹線のグランクラスを利用しているではないかというツッコミは却下
    2.だってものすごく出費がかさんだんだもん…・
    この記事はGeotag, オフ会, ニンテンドー3DS, メイド喫茶, 交通, 写真, 旅行, 秋葉原, 長野, 食事に投稿されました タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

    コメントを残す