【悲報】体組成計の買い換えを余儀なくされそうだ。(その2)

 今からちょうど1週間前、自分がこれまで使っていた「オムロン 体重体組成計 カラダスキャン HBF-361」が故障してしまったと申し上げておりました。

 今週末、もし手頃な値段で、私の要求仕様を満たす体組成計があるならば買ってしまおうと思い、ヨドバシAkibaの売り場を眺めてみたのですが、残念ながら購入には至りませんでした。

 1週間前の時点で、自分はこの様なことを申し上げておりました。

 なお、私がとりあえず取得したい情報は次の通りです。

  • 体重(0.1kg単位以下)
  • 体脂肪率
  • 体年齢
  • BMI(これは計算で算出可能だが、念のため)
  • 基礎代謝
  • 骨格筋率
  • 内臓脂肪レベル
  • 体幹皮下脂肪率

 ところが、いざ購入候補を絞り込もうとすると、そのうちの特定の機能がボトルネックとなってしまい、決められない状況に陥ってしまいました。

 その機能とは、「体幹皮下脂肪率」計測機能。

 これ以外の機能が一通り揃っている体組成計はたくさんありますし、4~5千円も出せばかなりいいものを買えます。

 ところが、体幹皮下脂肪率の計測が可能な機種を探そうとすると、一気に選択肢が狭まる上に、ヨドバシAkibaで購入しようとすると、安いものでも8千円を超えてしまいます。

 個人的には、以前使っていたものと同じメーカーの「オムロン 体重体組成計 カラダスキャン HBF-701」が気になっていますが、これもヨドバシAkibaで購入しようとすると9千円以上もします。

 なお、Amazonではさらに廉価で、今まで使ってきたものにより近い「オムロン 体重体組成計 カラダスキャン HBF-373」の取り扱いもあるのですが、残念ながらヨドバシAkibaではこれを見かけませんでした。

 遅くとも今週末には代替品を購入しておきたいのですが、「体幹皮下脂肪率」計測可能なものを買うか、その機能を削って安いものにするか、迷ってしまいますね。もうしばらく悩んでから、何を買うか決めたいところです。

 出来ればパソコンかスマートフォンとの連動機能も欲しかったのですが、その機能をつけるとまた一気に値段が跳ね上がりそうなので、諦めます…。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はGeotag, IT, 雑貨に投稿されました タグ: , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す