今年はいつまでエアコンと無縁でいられるか?・2014

 6月に入り、いよいよ関東地方も本格的に気温が高くなってきました。

 3年前の東電原発事故を口実に電気代が跳ね上がり、さらに今年は消費税まで上がってしまったことで、電気を使うだけでも生活を相当圧迫するようになってしまいました。

 昨年9月までは、私は埼玉県志木市の高級マンションに住んでおり、そのときは高層階に住んでいたのをいいことに、夏にでもなれば窓を開けっ放しにして寝ることも多々ありました。過去のブログに残した記録によれば、2012年に私はエアコンを全く使っていなかったようです。

参考記事
今年はエアコンの世話になりそうだ…深緑庭園 Back Number (2013年夏に前年を振り返っている)

 2013年は、引越前、引越後ともに冷房を使用してしまいました。引越という特殊事情もあったとはいえ、あまりに暑かったことに代わりはなく、とてもエアコンなしでは耐えられませんでした…。

 そして、2014年。

 すでに先月の時点で、エアコンをつけたい衝動には駆られておりますが、今のところ何とか持ちこたえております。

 今のところは、PCデスクにUSB扇風機を設置してどうにかしのいでおります。しかし、作りが安っぽいのでいつ壊れるかわかりませんし 1)前年から使っているUSB扇風機は、すでに首振り機能を使えなくなっている… 、そもそもUSB扇風機だけで秋まで逃げ切れるのかどうかもわかりません。

 5月上旬の時点では、今年は冷夏になるのではと期待していたんですけどね…。

 今住んでいるところは、残念ながら昨年までいたところほど高層階ではありませんし、そのほかにも諸事情があって窓を開けっ放しにして寝るわけにも参りません。ただそれでも、できるだけエアコンに頼らずに生活してゆきたいものです。

 さて、今年はどこまでエアコンなしで暮らしてゆけるのか…。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00

References   [ + ]

1.前年から使っているUSB扇風機は、すでに首振り機能を使えなくなっている…
この記事は時事, 雑談に投稿されました タグ: , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す