Sit down on the seat, or go away!

たまに朝の満員電車に乗ると、混雑する電車の中、目の前に空席があるにもかかわらず、そこには座らず、かといって他者に譲る気もない者が散見されます。

今朝もそうでしたが、こういう者を見るたびに、私は意識して割って入って空席に座るようにしています。

もしかして、当人の頭の中では着席を「遠慮」しているのかもしれませんが、それが結果的に必要以上の混雑を生み出しているということに、当人たちは気づいているのでしょうかね?

混雑緩和のためにあえて空席に座るというのも、他人への気遣いの一つだと思いますし、なんらかの理由で座りたくない事情があるのであれば、その場を離れてほかの人に席を譲るのが筋だと思います。そのいずれもせずに、ただ空席に立ちはだかるのは、単なる邪魔です。

各人のちょっとした気遣いで、窮屈な満員電車の居心地はもっと良くなるはずなんですけどね…。

以上、愚痴でした。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はMoblog, 交通, 雑談に投稿されました タグ: , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す