贅沢は敵だ。しかし、貧乏も敵だ。

 昨晩、ひょんなことから、こんなことを考えてしまいました。

「もし、今、うちの洗濯機が故障してしまったら?」

今はなき三洋電機の洗濯機「AWD-AQ3000」

 自分は一人暮らしのため、衣類の洗濯は一度にまとめた上で不定期におこないます。そして、そこで使っている洗濯機は、「AQUA:AWD-AQ3000」という、約6年前の購入当時としては最高級品の洗濯機でした。

 この洗濯機、乾燥機機能もついていて、一人暮らしでしかもバルコニーに洗濯物を干すことが何かとためらわれる自分にとっては、まさにうってつけです。しかし、それを考えなければ、どう考えても、一人暮らし用としてはオーバー・スペックなんですね。

 購入当時は、自分自身の人生の中で最も生活に余裕があった時期であり、「どうせ買うならいいものを」という意識が強く働いていたことは間違いありません。

 しかしそれ故に、表題で述べたように、突然洗濯機が故障してしまったときに、ではどうすべきなのか、途方に暮れている有様です。

 今の自分には、十何万円も払って同等品を購入するような余裕などありません。それに、必要最低限の機能のみを有するものを購入しようとすると、より上位スペックのものと比較してしまい、「あの機能も欲しいな」などと考え込んでしまい、かえって迷ってしまうことは目に見えています。

 それに、もし買い換えとなったとき、新品が到着するまでの間、自分はどうやって洗濯すればよいのか、それについても考えなければなりません。

 実はこの洗濯機、一度故障しており、修理を依頼したことがあります。このときは購入店(ヨドバシカメラ)の延長保証が有効だったので、無料で修理していただいたのですが、修理されるまでの間、洗濯物をひたすらため込んでいたように記憶しています(少なくとも近所のコインランドリーを使った覚えはない)。

 ちなみに、冷蔵庫が故障したときはその時点で購入から10年以上経過していたので買い換えましたが、そのときはすでに生活に余裕がなく、必要最低限の機能を有する一人暮らし用のものを選びました。そしてそのときは、故障してから新品が到着するまでの間は冷蔵庫を一切使わず、食事も外食を徹底していたように記憶しています。

 閑話休題。今にして思えば、6年前は自分が人生で最も贅沢をしていた時期だと思います。洗濯機もそうでしたし、普段テレビ番組を見ない私も、ゲーム用モニタと称して、(型落ち品であったとはいえ)42型の液晶テレビを購入したりもしていました。スタバにも週に3回は通っていましたし。あと、当時住んでいた地域の安アパートから地域有数の高級マンション 1)地元不動産屋談 に引っ越したのもこの時期でした 2)ただし、安アパートから高級マンションへの引越については、単なる贅沢と言うよりも、アパートの他の住民や管理会社との関係が険悪化していたという別の事情のほうが大きい

 今の私には、6年前と全く同じ感覚で贅沢することなど無理です。昨年9月に埼玉から東京に引っ越してきてからはずっと赤字続きで、そろそろ本気で貯蓄を考えないと数年後に生活が破綻しそうです。そもそも、一昨年から考えていた海外移住という計画を、当初予定の今年9月から無期延期する事態にもなっていますし。

 すでに生活に余裕がなくなっているる自分ではありますが、今一度、自分は贅沢しすぎていないか、ものを買うときに、本当に必要な機能のみを十分に網羅した上で、コスト・パフォーマンスは良好であるか、そもそもそれは今(もしくは近い将来)必要なものであるのか、そういったことを、じっくりと考える機会を作りたいと思いますね。とは言え、あまりに必要最低限過ぎるのもつまらないので、自分の生活を向上させられるような心機能があれば、そちらについても探求したいところではあります。

 結論。

贅沢は敵だ。しかし、貧乏も敵だ。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00

References   [ + ]

1.地元不動産屋談
2.ただし、安アパートから高級マンションへの引越については、単なる贅沢と言うよりも、アパートの他の住民や管理会社との関係が険悪化していたという別の事情のほうが大きい
この記事は私的メモ, 雑談, 雑貨に投稿されました タグ: , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す