The 1.17

19年前の今日は、多くの日本人にとって忘れられない日となりました。

1995年1月17日、阪神淡路大震災が発生しました。

3年前に東日本大震災が発生するまでは、私の中では「震災」という言葉から真っ先に連想するものは、この「阪神淡路大震災」でした。

私自身は直接何らかの被害にあったわけではありません。しかし、これを機に、地震に対する警戒心は強まりましたし、建築物の耐震基準が引き上げられたことにより、東日本大震災が発生した時にも、関東在住の自分は大した被害に遭わずにすみました。

阪神淡路大震災発生当時の私は学生でした。当時在籍していた大学でも、正式な名称や内容は失念しましたが、阪神淡路大震災で被災した受験生を受け入れる措置が講じられ、当時私が住んでいた学生寮にも、それによって入学してきた後輩が入寮してきました。彼自身はあまり震災のことについては話していませんでしたが、決して無傷などではなかったはずです。

残念ながら、私自信を含め、東日本大震災発生時に、阪神淡路大震災の時の教訓を余り活かせていなかった人が多いように見受けられます。

私の場合には、たまたま運よく東日本大震災発生当時関東にいなかったのですが、次に同じような大震災が起きたら、命の保障はありません。

1月17日は、防災を思い出す日にしたいと思います。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はMoblog, 時事, 雑談に投稿されました タグ: , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す