結局複合機買い換えた

昨晩、これまで使っていたインクジェット複合機のスキャナ機能が故障したことが判明しましたが、すでにメーカーによる修理対応も終了してしまっているため、廃棄処分せざるを得なくなりました。

 それを受けて、昨日夕方はヨドバシAkibaにてインクジェット複合機の下見をしておりましたが、結局、 キヤノン インクジェット複合機 MX923 を購入しました。

 当初は、キヤノンではなくブラザーの製品を第一希望にしていたのですが、残念ながらブラザー製品で私の要求スペックをすべて満たすものが皆無だったため、私の要求スペックをすべて満たし、なおかつ値段も比較的安めのものを選んだ結果、このようになりました。

 なお、私が今回「MX923」を購入する上での決め手となった要件は、次の通りです。

  • はがき印刷対応 1)いわゆる手差しトレイはないが、トレイが2段式で、上段のトレイにはがきやL判などの用紙をセットすることができる
  • BD, DVD, CD のラベル印刷対応
  • 両面印刷対応
  • 有線・無線LAN対応 2)私の環境では有線LANで接続した
  • ADF搭載
  • FAX機能付き

 日常的に使う上では、私にとってはややオーヴァー・スペックではあります。とは言え、いずれも個人的にはなくてはならない機能です。特に、FAX機能は、仕事の月次報告の時に重宝すると思われます。

 なお、「MX923」を使用した上での第一印象ですが、まだ印刷機能しか使用していないものの、次のような印象を受けました。

  • 印刷速度は速め。これまでよりも待ち時間を劇的に減らせる。
  • はがき用紙のセッティングは面倒 3)トレイに置くとき、印刷面を下にし、なおかつ印刷方向が前方となるように紙を置かなければならないため、慣れないと印刷ミスをしてしまう
  • 何故か、印刷後に有線LAN経由でインターネット接続できなくなる。

 印刷後にPCからインターネットに接続できなくなることについては、原因は不明ですが、致命的です。これについては、後日接続方法を変えてみて回避できるかどうか試してみたいところ。でも、できれば無線LAN接続は避けたいところです…。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00

References   [ + ]

1.いわゆる手差しトレイはないが、トレイが2段式で、上段のトレイにはがきやL判などの用紙をセットすることができる
2.私の環境では有線LANで接続した
3.トレイに置くとき、印刷面を下にし、なおかつ印刷方向が前方となるように紙を置かなければならないため、慣れないと印刷ミスをしてしまう
この記事はGeotag, IT, お買い物, 秋葉原に投稿されました タグ: , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す