ついにiMessageにスパムメッセージが届いてしまった…

 何日か前に、手持ちの iPod touch (第5世代)のiMessageに、不審なメッセージが届きました。

不審なスパムメッセージ

 なにやら、充電に関するユーティリティについて述べられているようです。

 「充電習慣」「バッテリードクター」などという釈迦に説法なキーワードが出てきますが、誰に向かって口をきいているんだと言いたくなるようなひどい内容です。

 ちなみに今回着信したスパムメッセージ、あまりに不審な点が多すぎます。

  • 送信元に全くアテがない。
  • しかも、送信元として記載されているメールアドレスをWebで検索しても、全く情報が出てこない。
  • なぜか iPod touch のiMessageにのみ届いており、そのとき同時に携帯していた iPHone 5s や、自宅に放置していた iPad2 には同じメッセージは届いていない。
  • 着信した端末のiMessageには、送受信用に電話番号(「+81」で始まる国際電話番号のほう)とメールアドレスの双方を設定していたが、登録していたメールアドレスには当該メッセージを受信した形跡がない 1)メールアドレス宛であれば、ほかの端末でも着信しているはずだし、メールサーバにもメッセージが残っているはず
  • メッセージ中のリンク先URLのドメインが「j.opentj.com」という、見たことも聞いたこともないようなもの。

 なぜ、自分の端末、それも iPod touch にのみ着信したのかもよくわからないのですが、この不審なメッセージに記載されているURLで検索してみたところ、同様のメッセージを受け取ったことのある事例がいくつかヒットしました。

 今回は、その中で最も参考になった記事をご紹介させていただきます。

*
参考記事
iPhoneのメッセージに怪しいメールが!極悪マコのうそつき日記

 こちらの記事に、今回私の端末に着信してしまったものと似たような事例について報告されています。

 内容から察するに、どうやら私が着信したメッセージと同じ内容であるように思われます。

 どうやら、この記事の内容によると、送信元のメールアドレスはランダムに生成された文字列によって偽装されたものらしい。

 ちなみに、私の端末で着信したメッセージの送信元については、ここでは公表しませんが、次のような特徴を持っています。

  • [英単語][数字4桁]@[英単語][数字4桁].net

 いかにも、 Smell of うさん でしょ?

 なお、具体的にどのようなアドレスであるのかを知りたいという方は、お手数ですが、Twitter上で私のアカウント宛てにダイレクトメッセージを送信してください。ただし、相互フォローの方でなおかつある程度以上親交のある方に限定させていただきますが。また、私と面識のある方であれば、直に端末の表示内容をご覧に入れることも可能です。

 また、上述の記事では、iMessage受信時の開封証明の設定についても述べられています。幸い、私の手持ちの端末ではOFFにしておりますが、それでもご指摘の通り、着信した時点で「拒否」するような選択はできないんですね…。もちろん「許可」などもってのほかですので、着信時に開封証明を送るか否か問われたときには、「後で通知する」を選びましたが…。

 あ、それから、私の端末、iOSのバージョンを7にしているのですが、かまわず届いてきますね。iOSのバージョンは関係なさそうです…。

 どうにも、対策のとりようがないのですが、仕方ないので私は、iPhone以外の手持ちのiOS端末で「iMessage」の機能を無効化することにしました。iOSについては、SMS(auふうに言えばCメール)にどう影響するのかわからないのですが、こちらについてはiMessageの設定に元々電話番号を登録していませんので、現状の設定のまましばらく放置することにします。

 それにしても理解不能。同様の事例、ほかにもたくさんありそうな気がするんですけどねぇ…。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00

References   [ + ]

1.メールアドレス宛であれば、ほかの端末でも着信しているはずだし、メールサーバにもメッセージが残っているはず
この記事はiPod touchに投稿されました タグ: , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す