【音楽】水野真人『マンドリンオーケストラのための4章』

 このところ、なぜか無性に、マンドリン・オーケストラの楽曲を聴きたくなる衝動に駆られております。

 具体的には、水野真人氏作曲の『マンドリンオーケストラのための4章』という楽曲群を特に聴きたいのです。

 ところが、どういうわけか、ネット上を検索しても、これらの楽曲群に関する情報はほとんど見当たりません。この楽曲群が収録されたCDが販売されているか否かについても、確認を取れていません。

 実は個人的には、この楽曲には思い入れがあります。

 私は高校生の頃、部活動としてマンドリン部に所属しておりました 1)本当は鉄道研究会をメインにするはずだったのだが、成り行きでこっちがメインになっちゃった… 。自分の人生全般を考えると、在籍していたことそのものが黒歴史なのですが 2)一応途中退部はせずに引退までいたけど、OB会には一度たりとも出席したことがない 、自分の音楽的趣味の幅は間違いなく広がりました。

 ちょうど私が在籍していたときに、定期演奏会の曲目として、『マンドリンオーケストラのための4章』を演奏する機会がありました。実際には、4章あるうちの、第1章「行進曲」、第2章「妖精」、第4章「アレグロ」の3曲を演奏しましたが、これらの楽曲は、自分が在籍中に演奏に加わっていた楽曲の中で、最も好きな楽曲でした。演奏会の曲目ということで、練習中は部全体がピリピリしていたのですが、演奏自体は非常に楽しかったです。

 もう自分は一生、楽器を演奏することなどないと思いますが、せめて自分の人生に良くも悪くも多大な影響を与えたこの楽曲を、もう一度ちゃんとした形で聴きたいと思います。できれば音声データとしてもほしい。

*

 先述の通り、ネット上を検索しても、これらの楽曲群に対する情報はほとんど見当たりません。まさか、作曲家・水野真人氏のサイトにも情報がないとはね。さすがにこれには愕然としました。

 そもそも、マンドリン・オーケストラそのものが、少なくとも日本国内ではお世辞にも普及しているとはいえない状況であり、高校の部活動や大学のサークル活動などで能動的に触れていなければ、一生縁がないという人も少なくないでしょう。そういう意味では、情報が少ないのも無理もないのかもしれませんが、楽曲のすばらしさを考えると、いくらマンドリニスト人口が少ないとはいっても不当な扱いと言わざるを得ません。

 かろうじて、第1章「行進曲」のみ、YouTubeにアップされています。

 どこかの団体の定期演奏会の録音らしいのですが、どこの団体なのかは不明です。あと、残念なことに、楽曲の最後が切れてしまっています。

関連音声データ
01 マンドリンオーケストラのための4章 Ⅰ.行進曲YouTube

 できることなら、自分が演奏したことも聴いたこともない第3章を含む全4章を、もう一度、生演奏もしくは高音質の録音データとして聴いてみたいものです。

 楽曲や演奏会に関する情報をお持ちの方、大募集です!

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00

References   [ + ]

1.本当は鉄道研究会をメインにするはずだったのだが、成り行きでこっちがメインになっちゃった…
2.一応途中退部はせずに引退までいたけど、OB会には一度たりとも出席したことがない
この記事は音楽に投稿されました タグ: , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す