Are you crazy?

以前より何度か、私は来年海外に移住しようとか申し上げております。

今月、止むを得ない事情により東京都内に引っ越すこととなり、移住の実行は大きく後ろ倒しになりそうですが、それでも早めに移住先を決めておきたいところです。

私が移住を考えるようになった理由は幾つかあります。

消費税増税が控えていたり、TPPという不平等な協定の締結や憲法の改悪といったりと、大多数の日本国民にとってはデメリットしかない社会情勢の変化が控えています。

しかし何よりもひどいのは、昨年の東京電力福島第一原子力発電所の事故による、東日本一帯の放射能汚染でしょう。

チェルノブイリやスリーマイルなど、原発事故の前例は世界にいくつもありますが、どういうわけか日本国の政権はそれらの過去の事例から学ぼうとしません。このままでは、現在東日本に居住している人に重大な健康被害が多発することは目に見えており、最悪、首都の移転もあり得ることでしょう。

しかし、当の日本国民の大半には、この由々しき事態に対する危機感が全くありません。

先日、Twitterのフォロワーさんも嘆いていましたが、危機感のない大多数の日本人にとっては、どうやら「放射能汚染」や「移住」といったキーワードはタブーなんだそうです。

とあるフォロワーさんは、これらのキーワードを出したことでキチガイ扱いされ、実家とも疎遠になったとかなんとか。幸い私はまだそこまでひどい状況ではないのですが、海外に移住したらその時点で実家との縁が切れてしまうのではという恐れは抱いております。

ちなみに、私は飲み会のときに「生前どこを泳いでいたのかわかったもんじゃないから、魚介類は遠慮したい」などと申し上げたところ、「神経質なんですね」と言われてしまいました。正直、いい気分はしませんでした。

その点では、今回の引越しで、放射能汚染のひどい都区内を選んだことは自分の懸念と矛盾するのですが、仕事を維持してさっさと移住資金を稼ぐことを最優先としたいので、今回は西日本には移住しませんでした。まだ日本に骨をうずめる気があるなら、複数の人から勧められた福岡辺りへの移住を考えたことでしょうけど…。

少なくともネットの世論を見る限りでは、キチガイと呼ばれている人の言うことのほうがマトモに感じるのは、私だけではないはずです。

放射能汚染やそれによる健康被害を気にしない生活をしたい人のすべてを否定する気はありません。しかし、せめてそれらへの心配をする人の邪魔はして欲しくないモノですね。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はMoblog, Twitter, 雑談に投稿されました タグ: , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す