More Librral, More Democratic!

本日の午前中は、森友学園疑獄事件の渦中の人となった籠池氏の証人喚問がありました。

勤務時間中の私はもちろん中継なんて見ることはできませんでしたが、Twitterのタイムラインを見るところ、リベラル派にも好評な展開になったようです。

国会で審議しなければならないことは他にもたくさんありますが、この平成の大疑獄事件の真相が解明されることを、切に願います。そうしないと今の政権はさらに何をしでかすかわかったものではありませんからね…。

自由と民主主義を、諦めてはいけません。

乱文失礼。

カテゴリー: Moblog, Twitter, 政治 | タグ: , , , , , | コメント / トラックバック: 0個

Pollinosis 

先月末から、顔面、特にまぶたのあたりが我慢できないくらいに痒くなる現象に悩まされています。

今はだいぶ落ち着いているとは言え、完治には程遠い状況です。

知り合いには、花粉症なのではないかと言われてしまいました。

実は私、40を過ぎても花粉症らしい症状を発していませんでした。基本的にインドア派であるので、花粉との接触を避けられていたのでしょうけど、ついに私も花粉症から逃れることができなくなったのかもしれません。

この手の症状、自分がかからないとその苦しみはわからないものですね。しかももし花粉症だとするならば、今後死ぬまで毎年同じ苦しみを味わうわけで、そう考えるとゾッとします。

自分が体験しないと、他人の苦しみをリアルに想像することはできません。他者に対して尊大な態度を取る者は、同じ苦しみを感じたことがないからそんなことができるのでしょう。しかし、実体験でなくても、周囲に苦しむ人がいるならば、ある程度の苦しみを想像することはできるはず。その点では、ここ数年で、日本人の想像力は見る影もなく劣化したと言わざるを得ませんね。

人々が真の意味で自由になり、支え合える社会、いつやってくるのでしょうか…。

カテゴリー: Moblog, 時事, 私的メモ, 雑談 | タグ: , , | コメント / トラックバック: 0個

【ビール】TOKYO CRAFT

 時々コンビニで見かけるビールに、「TOKYO CRAFT」というものがあります。

 どうも自分は、「東京」という地名をブランド名に含めている商品を見ると、身構えてしまう癖があります。東京土産の中には、東京である必然性を全く感じないものもあります。

 このビールもその手のものかと思いきや、大真面目に東京していることが公式サイトに記載されています。東京・武蔵野ブルワリーから生まれたビール。

 東京都民になってから3年半経ったのに未だに自分が都民であることに違和感を覚えるポッくんは、このビールを飲んで東京の人間になった気分を味わおうと思います(ぉぃ)。

 それでは一口。

結構濃いぞ!

 先日口にした「ヱビス 華みやび」とは打って変わって、適度な苦みが口の中に染み入ります。

 悪くいえば、お上品とは言えないビールです。しかし、定番と言えるお味の中にもキラリと光るものを感じます。

 …しかし、公式サイトにある「開発担当者の声」で述べられているほどの個性は感じませんでしたが(汗)。とはいえ、こだわり抜いて作られたということはわかります。

 また一つ、自分が何度でも飲みたくなるビールが現れてしまいました。

公式サイト
TOKYO CRAFTサントリー

TOKYO CRAFT (その1)TOKYO CRAFT (その2)

カテゴリー: お買い物, ビール, 東京 | タグ: , , , | コメント / トラックバック: 0個

Give me something to live for.

このところ、どうも生きる楽しみというものを見いだせなくなりました。

一応趣味はあるのですが、そればっかりやっていても疲れることには変わりありませんし、長時間続けると義務感のようなものまで生まれてしまいます。

がっつりやる趣味の他に息抜きも必要なのですが、私にはその息抜きが足りていません。

しばらく、生きがい探しのためにもがき苦しむことになりそうです。

カテゴリー: Moblog, 雑談 | タグ: , | コメント / トラックバック: 0個

【ツクールフェス】制作中の拙作ゲーム第3弾の進捗(その2)

 半月ほど前に、「【ツクールフェス】制作中の拙作ゲーム第3弾の進捗」という記事を書きましたが、あれからなかなか話が進まず、この3連休中にやっと全6章(第0章~第5章)の内の第4章を書き始めたところです。

 とはいえ、第4章と第5章はそんなに長い話にはならない予定ですので、明日までに第4章を書き上げることが出来れば、もしかしたら今月中に完成・公開もあり得るかもしれません1

 なお、第3章だけで半月かかったのは、その章がシナリオ全体のヤマとなるからに他ありません。

 今日・明日で気合いを入れて第4章を書き上げたいと思います。

 乞うご期待!

制作中の拙作ゲーム第3弾の画面(その1)制作中の拙作ゲーム第3弾の画面(その2)制作中の拙作ゲーム第3弾の画面(その3)制作中の拙作ゲーム第3弾の画面(その4)制作中の拙作ゲーム第3弾の画面(その5)制作中の拙作ゲーム第3弾の画面(その6)

  1. 公開ベータテストは出来そうにないのでリリース後に不具合があれば都度対処することになると思われます []
カテゴリー: RPGツクール, ニンテンドー3DS | タグ: , , , , , | コメント / トラックバック: 0個

俺の黒歴史・Miitomo

 ブログネタに困ると1年前の同日の記事をあさる癖のあるテルミナ™です。

 さて、1年前の今日、私はこんなことを書いていたんですね。

関連記事
First Impression of “Miitomo”

 そういえばそんなモノがありましたね(ぉぃ)。

結局全くいい印象を抱けなかったMiitomo

 「Miitomo」とは、昨年3月にサービスが開始された、任天堂によるコミュニケーション・ツールということになっています。

 しかし私は、これに対して、最初から最後まで結局いい印象をまるで抱けず、結局昨年末に退会してしまいました。

 コミュニケーション・ツールを名乗っていても、その主体は自分でも相手でもなく、あくまで運営側が一方的に送りつけてくる質問に対して回答するという形式でした。

 たまに回答内容をTwitterにアップすると、どこの馬の骨ともわからない連中によってウザ絡みされることがあります。そのあまりの反知性ぶりに気分悪くなることも度々ありました。

 しかもこのMiitomoには、クソコメントを投げてきた奴をブロックできないという致命的な仕様上の欠陥もありました1 。これでは、どこぞの日記中心のコミュニティのように、民度の低い連中のたまり場となるのは必然ですね。

 私はそれらに耐えかねて昨年末に退会してしまったのですが、その時点で「フレンド」に登録していた相手は10人程度。しかもそのほとんど(私の記憶が正しければ全員)が、Twitterでもやりとりしている相手でしたので、もはや無理してMiitomoなんかを続ける必然性はどこにもありませんでした。

 今日も、Twitter上で関連ハッシュタグ経由で絡んできた低脳がいましたので、ブロックしたところです。

 個人的には「反知性」という印象しか抱けなかったMiitomo。今後似たようなアプリが出たとしても、私が使うことはおそらくないでしょう。もちろん、モンスターを捕まえさせている間に個人情報を盗むアプリも入れていません。

 過去にはおまけ要素の多い動画閲覧ツールなどを他人から勧めらたこともありますが、自分がつまらないと判断したものは、いくら親しい人の勧めでも、使用開始後数分でアンインストールすることもあります。自分にとって得るものがないばかりか不快感しか抱けないようなコンテンツに時間を割く余裕は、今の自分にはありません。

  1. 私が退会してから既に3ヶ月ほど経過しているので、現状どうなっているのかは不明 []
カテゴリー: Android, iPhone, iPod touch, ゲーム, 携帯端末 | タグ: , , , , , , , , , , , , | コメント / トラックバック: 0個

My followers decrease temporarily on Twitter.

Twitterをやっていると、時々こんな現象に見舞われることがあります。

フォロワーの数が一時的に減少し、その後復帰するという現象です。

私は有料のフォロー管理ツールを導入しているので、その現象について大まかに動向を追うことができますが、それによると、その現象は次のような流れで起こっていると言えます。

  1. 特にフォローを外される理由が思い浮かばないアカウントからフォローが外される。
  2. 当該アカウントを調べると、そのアカウントからのフォロー数が0になっていることがある。
  3. 該当するアカウントの大半は、しばらく放置していると再度フォロワーリストに戻る。1 

この現象が起こるフォロワーさんの大半にはある共通した特徴があります。それは、政治への関心がある程度以上高いリベラル派だということです。

どうも、私を含め、そっち界隈の人は、色々なところから攻撃や嫌がらせを受ける傾向にあるのですが、この現象についても、単なるTwitterのバグと考えるにはあまりにも傾向が偏りすぎています。

私自身は今後もTwitterを使い続けてゆきたいのですが、正直不安もあります。自由にモノを言うことができる貴重な場が死なないことを、願いたいものです。

  1. 「大半」と述べたのは、ごく稀に本当に本人の意思で全フォローを解除するケースもあるため []
カテゴリー: Moblog, Twitter, 政治 | タグ: , , , , | コメント / トラックバック: 0個

【ビール】ヱビス 華みやび

 やっとお財布の中身がさみしい状態から解放されましたので、久々に、寝る前にビールを飲むことにしました。

 昨日帰宅途中に立ち寄ったコンビニで、いかにも私が好みそうなネーミングのビールを見つけました。

ヱビス 華みやび

 「ヱビス 華みやび」。

 このいかにもお上品そうなネーミングのビールは、「上面発酵でつくった、ヱビス初のホワイトビール」なのだそうです。

 どんなお味なのでしょう? 早速一口。

名前に偽りなし!

 苦みを抑え、上品で華やかな味わいが口の中に広がります。

 今までにも、私はいくつもの上品な味わいのビールを口にしてきましたが、それらのすべてと比べても一線を画しています。

 これ、文句なしに美味いです。

 しかしながら、アルコール度数は5.5%とやや高め。あまりにも飲みやすいので、調子に乗って何缶も空けてしまうと大変なことになりそうですね(ぉぃ)。

 まさに、「ヱビス」ブランドの底力を見せつけられたような気分です。

公式サイト
ヱビス 華みやびサッポロビール

カテゴリー: お買い物, ビール | タグ: , , , | コメント / トラックバック: 0個

飲食店はクレジットカード使用可否を明記すべき

 体調を崩してしまいまだ自室にいるテルミナ™です。

 まだ万全ではありませんが、そろそろ仕事場に向かおうと思います。

 私は、今月も大赤字が確定してしまい、しかもメインの銀行口座の残金も底をついてしまったため、しばらくの間、クレジットカードで食事をとるという惨めな生活を送っておりました。

 本日やっと、仕事の報酬が入ってきたため、そんな生活ともおさらばできます。

 その間、外食しなければならないときに店を探すのにえらく難儀しました。

 レストラン街などに足を運んでも、クレジットカードの使用可否をはっきり明示してあるところ、思いのほか少ないのですね。

 元々使えないとわかりきっているところにははじめから足を運ばないのですが、店舗に足を踏み入れて、クレジットカードが使えないか否かを店員に確認して、だめならさよならするというのは、非常にやりにくい行動です。

 そこで、各飲食店とも、クレジットカード使用可否については明示してほしいと思います。本当にお願いします。

 「明示していなければ使用できないと見なす」ことが出来ればよいのですが、店に入らないとクレジットカードを使用できるか否かわからないところがあまりにも多すぎます。私のようなケースはあまりないのでしょうが、そうでなくとも、大人数での利用などで現金ではなくカード払いしたいケースだってあるでしょうから、飲食店の方、本当にご検討ください。

カテゴリー: お買い物, 雑談, 食事 | タグ: , , , , | コメント / トラックバック: 0個

Give me sweet honey!

今日は、一年のうちで二番目に不愉快な日です。

そう。日本特有の低俗な商業イベント「ホワイトデー」の日です。

もちろん年間最悪の日は、言わなくてもわかりますよね?

例によって今年も私は2月14日にチョコレートをもらうことができませんでしたので、今日は特に何もしません。

なお、別の日に2組、3名様よりプレゼントを頂戴しているのですが、うち、1組、2名様には(形ばかりで申し訳ないのですが、一応)返礼しております。残るお一方につきましては、残念ながら次にお目にかかれる日がいつになるのか全くわからないため、いまだに返礼できておりません。貰いっぱなしというのも申し訳ありませんので、時期は外れますが、いずれなんらかの形で返礼したいとは思います。

しかし、残念ながら、私には意中の人がいるものの、本当の意味で、唯一無二の本命と呼べるやりとりをしたことがありません。来年こそは…。

カテゴリー: Moblog, 時事, 雑談 | タグ: , , , , , , , | コメント / トラックバック: 0個
  • クリックで救える命がある。

  • QR Code

    • お使いの端末によっては表示されないことがあります。