【Switch】「スプラトゥーン2」購入、断念。

 表題の通り、私は「Nintendo Switch」用ソフト「スプラトゥーン2」の購入を断念することにしました。

 とある知り合いから購入を勧められており、その人物を含む一部の知り合いに対しては購入もほのめかしていたのですが、結局、店頭デモやユーザレビューなどを見て、自分には合わないゲームだと判断しました。

 対戦プレイのデモだけを見ると、面白そうに見えますし、前作でもハマっていた人が多かったという話は聞いています。

 しかし、あるユーザレビューによると、自分が主にプレイするであろう1人用ゲームは退屈でつまらないようです。これは、同じく対戦プレイ主体である「ボンバーマン」シリーズにも当てはまります。

 しかも、2018年からオンラインプレイが有料化されるとのことで、対戦主体のゲームにとっては致命的な状況と言えます。どうせ自分の場合は「モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.」でオンラインプレイをすることが分かりきっているものの、それでもなお二の足を踏んでしまいます。

 店頭デモを見ても、色々とゲーム本編以外の要素もあるようですが、自分にとっては面倒くさいシステムとしか感じることが出来ませんでした。それにしても、見れば見るほどゲームへの興味が削がれてゆく店頭デモを作るなど、ある意味なかなか出来ないことだと思います。

 それに、Amiboによる事実上の価格つり上げ工作にも感心しません。スプラトゥーン2関連のAmiboは3種類販売されていますが、1種類だけ買えばいいのか、全種類そろえなければならないのかもわかりませんしね。このあたりのわかりにくさも、どうも受け入れがたいです。

 そして、なんと言っても任天堂のソフトであるということが、これらの不安点をさらに増幅させています。自分は昔から任天堂の作るゲームはどうも好きになれません。この状況は、「ファミリーコンピュータディスクシステム」の時代、つまり30年以上前からずっと引きずっています。そのため、自分が「メイド・イン・ワリオ」シリーズ以外の任天堂作品を購入するのは、極めて例外的なことなのです。

 そういえば、Switchでは「メイド・イン・ワリオ」のシリーズは今のところ登場していませんね。DS版は自分にしては珍しくやりこんだのですが、Wii版で面倒くさくなって放り投げてしまいました。私以外にもそういう人は多かったのでしょうかね?

 閑話休題。以上の理由により、私が「スプラトゥーン2」を購入することはなくなりました。

 とはいえ、「モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.」発売日まで、オセロゲーム一本でしのぐのは、正直きついです。

 というわけで、結局、Switch本体購入時に当初検討しながら見送っていた「ぷよぷよ™テトリス®S」を購入してしまいました。こちらでしたら、対戦プレイも出来ますが、一人でものんびり出来ますし、ゲーム自体は定番中の定番の落ちものパズルゲームですので、スプラトゥーンよりは長く遊べるのではと思いますね。8月25日以降は「モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.」による狩猟が主体となるものの、狩猟の合間の息抜きにも最適でしょう。

Posted from Chiyoda, Tokyo, Japan.

0
0

この記事はGeotag, Nintendo Switch, お買い物に投稿されました タグ: , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

2,344スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

Anti-Spam Quiz:

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  • クリックで救える命がある。

  • QR Code

    • お使いの端末によっては表示されないことがあります。