【政治】「100円de監視要請」、進展あり。

 先月、作家の金沢京子氏の提唱により、「100円de監視要請」運動が始まりました。

 この運動はTwitterでも多くの賛同者を集め、実際に、私を含め多くの方が、手紙やはがきなどで、国際人権NGOアムネスティや国連などに働きかけました。

 この動きが、ついにアムネスティを動かしました。

 金沢氏のブログにて、アムネスティからの回答があった旨のご報告がなされています。

関連記事
「100円de監視要請」が世界に伝わりましたよ!宮内庁でも受け付けるそうです!金沢京子のブログです

 そこでは、次のように述べられています。

これにアムネスティインターナショナルからの回答がHPにUPされましたぁヽ(^o^)丿 https://www.amnesty.org/en/countries/asia-and-the-pacific/japan/

「日本を監視し、ニュースを配信している」というメッセージです!(あとで翻訳UPしますね)

まずは一歩前進です。微力ながら自分自身も関わった件であるだけに、このご報告についてはうれしく思います。

 自分が以前、慣れない英文嘆願書を書いたときには、安倍政権の悪法のうちの主要なものと、以前国連の監視団の受け入れを日本政府が拒否したことを受けて制裁を視野に入れて欲しいということに絞って書きましたが、もちろん今日本が抱えている問題はそれだけにとどまりません。

 次の一文は金沢氏のブログからの引用ですが、そこでも述べられているように、解決しなければならない問題点は多岐に上ります。今一度、多くの方のご賛同と実行をお願いしたいと思います。

共感した人たちが、手紙やハガキで思いをアムネスティに書いて出してくれたおかげです!ひき続き、悪政追放すべく、個人的な、不満や想いや安倍政権に感じる違和感を、国際人権擁護団体に訴えましょう! 10、000通くらい送って、世界に日本人の怒りを伝えましょう。日本人のクオリティを知っていただきましょう。訴えは、共謀罪だけでなく、銃剣道やDV、福祉の減退なども人権に含まれると思います。ともかく声をあげれば相手に伝わる。黙っているということは、認めた。ということですよ!

実は私は、大型連休中にもう一つアクションを起こそうと思っていたものの、諸事情によってそれを実行できませんでした。それに対する反省を踏まえ、今月中にさらにもう一度アクションを起こしたいと思います。

 金沢氏の記事の内容で一つびっくりしたのは、なんと、皇室も国民の声を聞いてくださるとのこと。

 天皇陛下は現政権を快く思っていませんので、きっと我々国民に共感していただけることと思います。とはいえ、本当に私とかが送りつけてしまっていいのかどうかという不安もあります。天皇陛下もご多忙でしょうし、例えば私が駄文を送りつけたらどう思われるのか…。

 とはいえ、我々日本国民の民意を、アムネスティに、国連に、そして皇室に、届けて参りましょう!

関連サイト
国際人権NGO アムネスティ日本 AMNESTY
Amnesty International
金沢京子 Official Site KyokoKanazawa
関連記事
Dear Amnesty International金沢京子のブログです
「100円de監視要請」が世界に伝わりましたよ!宮内庁でも受け付けるそうです!金沢京子のブログです
【政治】「100円de監視要請」に賛同します。 ( その1 | その2 ) @ Telmina::go
PETITION FOR MONITORING OF ALL ELECTIONS IN JAPANTelmina::go
英文嘆願書公開、その後Telmina::go

Posted from New York, New York, United States.

0
0

この記事はGeotag, Twitter, Web, 政治, 時事に投稿されました タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

2,088スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

Anti-Spam Quiz:

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  • クリックで救える命がある。

  • QR Code

    • お使いの端末によっては表示されないことがあります。