In Short Supply 

先週金曜日に、任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch」が発売されました。

案の定、家電量販店などでは完売で次回入荷日未定というところも出てきています。

その一方で、Twitterのタイムラインでは、普通に売られているなどという報告もあります。

このゲーム機に関して、今のところ私がプレイしたいと思えるゲームが皆無であり(あったとしても、3DSのRPGツクールフェスで忙しくてそれどころじゃないけど)、現時点で購入予定はないのですが、それでも、普通に売られているところがあることは良いことだと思います。

以前、「ニンテンドーDS」が脳トレブームなどの影響で長期的に品薄だった時期があります。確か、2006年〜07年頃だったように記憶していますが、あの時は一年以上も品薄が続いており、とりあえず売られているのを見かけたら即購入してしまえぐらいの勢いでいたことを記憶しております。

なぜそんなに長期間品薄が続いたのかは良くわかりませんが、メーカーもわざと出し渋っていたのではないかとすら思えます。

なお、品薄時期の後期には、東京都内の家電量販店で入荷予定未定状態が続いているときに、普通に千葉県内のスーパーなどで売られていたりもしました。もちろん私がそのときに買いに行ったことは言うまでもないのですが、いくら予備機が必要だったからと言っても、修理に出していたものが返ってきた分も合わせると、最終的には3台ぐらいDS本体を抱えることになってしまいました。大いなる無駄遣い。

今回のSwitchでは、その当時のような酷いことにはならないとは思いますが(転売対策も取られていることでしょうし)、気になる方は早めに購入したほうがいいかもしれませんね。私はもう少し様子見しますが、今のラインナップを考えると、無理して買う必要性は全くないのかなと思っています。

0
0

この記事はMoblog, ゲーム, 時事に投稿されました タグ: , , . このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。

Comments are closed.

  • クリックで救える命がある。

  • QR Code

    • お使いの端末によっては表示されないことがあります。