Osaka City is protected.

昨日・2015年5月17日、大阪市では、大阪維新の会によるいわゆる「大阪都構想」の是非を問う住民投票が行われました。

結果は大接戦の末の「否決」。

この選挙、大阪市のみならず、大阪府にも関係する話であり、さらに国政への影響も少なからず出ると思われたためか、全国的にも関心の高いものとなりました。大阪府民の中には、「なぜ大阪市民以外の府民に投票権がないのか?」と言う人もいたとの事。

大阪都構想について、自分が目にし、耳にしてきたものは、デメリットの話ばかりでした。メリットについては正直、さっぱりわからずじまい。

府と市の二重行政が良くないという話もありますが、それならば他の政令指定都市でもそのような話が出てしかるべきです。

個人的には、もし私にも投票権があったのならば、「反対」に投じていたと思います。

とはいえ、実は私は、今回の選挙、「賛成多数で可決」という結果になるのではと予想していました。もちろん、国政選挙などのたびに言われている不正選挙の手口で。

そのようにならず、ホッとする反面、賛成と反対が僅差となるという事は予想できていませんでした。しかも、区ごとの投票結果では、反対票の多かった地域と賛成票の多かった地域がほぼ南北にキレイに分かれたとのこと。

ここで、Twitter界隈などでは、「大阪市民の分断だ」などと叫ぶ人もいるようですが、今後、大阪府や大阪市、そして反対票投票を促した各政党においては、なぜ賛否がここまで拮抗したのかを分析し、市が分断されないようにして欲しいところですね。

特に、反対票を投じた人の中には、都構想そのものよりも、橋下市政や大阪維新の会に対するNOの意思表示として投票した人も少なからずいることと思われます。その意味でも、今後大阪市には、市政の健全化を期待したいですね。

0
0

この記事はMoblog, 政治, 時事に投稿されました タグ: , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。

One comment on “Osaka City is protected.

  1.  テルミナさんちょっと突っ込みます。

    >大阪都構想について、自分が目にし、耳にしてきたものは、デメリットの話ばかりでした。メリットについては正直、さっぱりわからずじまい。

     何となく思うのは何故調べなかったの?と言う点、調べれば必ず正解が見つかるとも思わないのですがこの手の話では受け身だと悪い方に流されるような気がします。

    >府と市の二重行政が良くないという話もありますが、それならば他の政令指定都市でもそのような話が出てしかるべきです。

     大阪市の場合市域が狭いうえ事と、大阪府全域が大阪市の都市圏・経済圏・通勤圏と言う状況なのが大きいと思います。横浜にとっての神奈川は横浜県と言うよりも首都圏ですし、名古屋にとっての愛知県は豊田などの三河地域の存在がネックになります。神戸・京都・北九州は横浜に近い状況があり、他の政令市は名古屋を更に複雑にした状況なのではと思います。

    >国政選挙などのたびに言われている不正選挙の手口で。

     多分これは無いでしょう。橋本市長はやり手弁護士と言う出自を考えるとあからさまな手よりも法の盲点を突くのではと感じます。自分の思う結果が出ないからと言って安易に不正と言う言葉を出すのはどうかなと思います。

  • クリックで救える命がある。

  • QR Code

    • お使いの端末によっては表示されないことがあります。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。