Should I unfollow some people on Twitter?

私は毎日のように、自宅なり出先なりでTwitterに興じております。

自分自身も常日頃からうっすらとは意識しているのですが、他者と話をしていて改めて気づかされることがあります。

そう。「フォロー解除」について。

Twitterには、2,000名を超えてフォローしようとする場合、フォロー可能な人数がフォロワー数の1.1倍を上限とするという制約があります。

無差別にフォローを許可することにより、スパムとしてアカウントを用いられる恐れがあることからも、この措置自体は止むを得ないし、またあるべき制約だとは思いますが、そこで、こちらとしても一度フォローしたアカウントをずっと放置しておくわけにゆかず、定期的に関わりの薄いアカウントへのフォローを解除する必要に迫られます。

おそらく、フォロー数上限の制約がなかったのなら、私がフォローしているアカウントは、おそらく現在の倍ぐらい(5千超)にはなっていたはずです。しかし、それはそれで、絡みのない人によってタイムラインが埋もれてしまい、本当に読みたい人の発言が埋れてしまうという別の問題もあります。

結局、いずれにしても、絡みの薄い人へのフォローを外さなければならなくなります。

あと、Twitterにおけるフォロー数の制約は、単に絡みがない人だけでなく、絡むことで逆にこちらにとって不利益となるアカウントや、不利益まではゆかないまでも、関わる必然性のないアカウントとの関係を断つための口実にもなります。

私は定期的に、こちらから一方的にフォローし続けて来たアカウントへのフォローを外すことがありますが、時々そのタイミングで、面倒なアカウントへのフォローも一緒に解除することがあります。

残念ながら、発言を読んでいてもストレスが溜まるだけのアカウントは少なからず存在しますし、最近ではミュート機能の実装で、特定のアカウントの発言をタイムラインから見えなくするようにできるものの、フォロー関係にあることで、同類と見られたくないような相手も、稀にいます。

先述のとおり、私は定期的に関わりの薄いアカウントへのフォローを解除していますが、特定の条件に合致する方々は例外的に残す措置をとっていました。しかし、今後は例外の幅を狭めようかと、本気で考えています。

残念ながら、現実世界で関わることが多い人物でも、Twitter上での発言は別に読みたくないなんて人はいくらでもいます。現実世界で関わりがあることだけが例外の理由ではないのですが、最近はそれに該当するアカウントによって、私が絶対に読みたくない人物の発言がリツイートされるケースが頻発しており、それを回避するためにも、現実世界で関わりがあってもTwitterでの関わりの薄いアカウントについては、フォローを外したほうが良いのではと思い始めた次第です。

ストレスを発散させるはずの場で逆にストレスを溜めるなどナンセンス。フォローに対する考えを改めようと感じた、水曜日の昼下がりでした。

20140611-130440-47080263.jpg

0
0

この記事はMoblog, Twitter, 雑談に投稿されました タグ: , , . このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。

Comments are closed.

  • クリックで救える命がある。

  • QR Code

    • お使いの端末によっては表示されないことがあります。