Have you ever used “mute” function on Twitter?

Twitterのミュート機能が実装されてしばらく経過します。

既に使った方や、使えるけどまだ使ったことのない方、さらには、私の副アカウントのようにまだ自分は使うことができないよという方もいらっしゃるのではと思われます。

早速、この機能について、改善したほうが良いのではという意見も出ています。

私が先日書いた『Twitterの「ミュート」機能をちょっとだけ使ってみる。』という投稿にもコメントを頂戴しておりますが、このミュート機能、あくまで「自分のホームページから特定アカウントの発言を見えなくする」ためだけのもので、迷惑行為対策としては極めて貧弱なんですね。

加えて、ミュートしたアカウントを一覧表示させたり、気が済んだ時にアカウントを検索することなくミュート状態を解除することもできません。これは忘れっぽい人にとっては結構危険な機能です。私も、既に本アカウントでは幾つかのアカウントをミュートしていますけど、既に誰をミュートしたのかを完全には把握できなくなっています。

個人的には、いただいたコメントにあるように、ミュートは逆のアプローチから、自分の発言を検索で引っかからないようにするような機能を実装して欲しいと思いますね。

今でも、他のアカウントが自分をタグ付けするのを禁止するオプションなどはありますので、それの応用で実装可能であるように思えますし。検索に引っ掛けないようにする場合、原則全アカウント不許可で、許可したいアカウントを選べる(またはフォローしている人に限定する)というアプローチで、業者やスパマー、自動bot等を排除できればと思いますね。

現状、迷惑行為を働く業者やスパマー等への対抗手段が、事実上ブロック+スパム報告の一択しかない(通常のブロックでは不完全らしい)のですが、この機能を好まない人もいますし(私は多用しているけど)、Twitterを楽しむ上では諸刃の剣なんですね。迷惑行為に対する「予防」についても、Twitter運営側には是非ともご検討いただきたいと思いますね。

あと、できれば、非公開にしていない(鍵をかけていない通常の)アカウントでも、フォローリクエストが来た時に一旦保留して、自分が許可をしてはじめてフォロワーに追加できるような仕組みも欲しいですね。これがあるだけでも、業者の動きを抑制することができますし。

20140516-130739.jpg

Posted from here.

0
0

この記事はMoblog, Twitterに投稿されました タグ: , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。

Comments are closed.

  • クリックで救える命がある。

  • QR Code

    • お使いの端末によっては表示されないことがあります。