Twitterの「ミュート」機能をちょっとだけ使ってみる。

 昨日より、Twitterの新機能「ミュート」について話題になっています。

 どのような機能であるのかについては、この機能についていち早く取り上げているネット上の記事を読めばだいたい想像できます。サードパーティ製のクライアント・アプリケーションを使ったことがある方であれば、すでにアプリ側で独自に実装されている「ミュート」機能に慣れ親しんでいる方も多かろうと思われますが、アレを公式に取り込んだと思えばよいでしょう。

参考記事
Twitter が新機能「ミュート」を導入、見たくないユーザをブロックせずに非表示。設定方法と仕様Engadget 日本版

 ところで、私はこの「ミュート」機能で、とあることが気になっていました。

 ミュート後、リスト内からも相手の発言が見えなくなるのか?

 現時点では、2つある自分のアカウントのうち、iOS用公式アプリからは本アカウント「@Telmina」でのみこの機能が使用可能であり、副アカウント「@SuperTelmina」側からはこの機能をまだ使用できません。また、公式Web上では、両アカウントともまだこの機能を使用できません。

 仕方ないので、試しに本アカウント側から副アカウントをミュートして、副アカウントが登録されているリストの内容について、副アカウントミュート前とミュート後の状態をそれぞれ確認してみました。

 とは言え、私の副アカウントは非公開であり、たとえ実験であっても他者にあまり見せたくないので、証拠写真は割愛し、あくまで結果のみを報告します。

 ずばり、

ミュート後もリストの内容には影響しませんでした。

 副アカウントミュート後に副アカウントで発言し、本アカウント側からリストを再読み込みしてみたところ、ミュート後にした発言を読み込んでしまいました。

 ちなみに余談ですが、「ホーム」ページでは、相手をミュートしたあとにページを再読み込みした場合、再読み込み前の時点でまだ読み込んでいなかった発言があれば、時間軸的にはミュート前の発言であっても読み込まなくなるようです。つまり、「読み込む時点で」ミュートしている相手の発言を読まないようにする、という挙動であるようです。

 個人的には、ミュートした相手の発言がリストに出てきてしまうということについては、あんまり嬉しくなかったりします。もっとも、リストの場合はブロックした相手の発言も出てくるので、既存の機能との整合性を考えればそのほうが正解なのかも知れませんが…。

 しかし、この挙動により、自分が公式の「ミュート」機能を使う機会は限定的なものにとどまりそうです。昨日昼に申し上げていたような、

「当人には全く恨みはないけど私がブロックしている者たちの不快な発言をリツイートする頻度の高い人」

とか

「以前は意思疎通を図れていたけど現在はほぼ自動投稿しかしない半botアカウント」

とかをミュートしても、リストに出てきてしまっては意味がなくなるからです。

 今後も、私はリストを駆使することになり、ミュート機能はあくまで、ブロックすべきか否か判断に迷う相手に対する一時的な「緩衝地帯」として使うにとどまりそうです。あまりに不快な内容の発言ばかりする相手に対しては、従来通りブロックしたほうが手っ取り早く確実ですし。

参考記事
Twitter が新機能「ミュート」を導入、見たくないユーザをブロックせずに非表示。設定方法と仕様Engadget 日本版
関連記事
We can mute someone on Twitter.

このブログで関連すると思われる他の投稿:

0
0

この記事はTwitterに投稿されました タグ: , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

0 comments on “Twitterの「ミュート」機能をちょっとだけ使ってみる。

  1. ハッシュタグ狙いのボットとか業者とかいるので、検索でもミュート効いて欲しかったんですけど、そっちもダメなんですよねぇ…

    • こうして考えると、随分と片手落ちな機能ですねえ…。

      業者とかは地道にブロックするか、アカウントを非公開にするかしか、対抗手段がないというのが。

      もっとも、ミュートは相手に気づかせずに相手の発言を見えなくする機能なので、検索結果から自分を外す機能は、逆のアプローチから欲しいですね。タグ付け禁止オプションはあるのだから、技術的には可能だと思いますし。

コメントを残す