【雑談】親しき仲にも礼儀あり

 たまにはとりとめもないことでも。

 …え、いつものことじゃねぇか? 気にしない気にしない。

 現実世界でもネット上でもそうなのですが、時々、大して親しくもないのにやたらとなれなれしい態度で接してくる者が散見されます。

 夜中にTwitterでとある方がそのような発言をされていてなるほどなと思ったのですが、本当に世の中、そのような手合いが多い。

 初めての人間に、挨拶もなくいきなりタメ口とか使われて、まずいい気はしません。自分は元々友達が一人もいないということもあるのかもしれませんが、まずいきなりそんな態度で接してくる者とは関わり合いになりたいとは思えません。

 特にTwitterでそのようなことをされた場合、経験上、その後も良好な関係に発展することはまずありません。そのため、自分が「こいつ無礼な奴だな」と思った相手に対しては、かまわずブロックすることにしています。

 自分は、現実世界でもネット上でも、基本的に他者との会話は敬語を使うのがメインです 1)自分の半分も生きていない現役女子高生が相手でも敬語です 。そのほうが面倒くさくないというせこい理由が主なのですが、初対面の人間にいきなりタメ口使うことをあり得ないと感じているということもあります。

 自分が他者にタメ口を使うのは、自分の家族・親戚の場合を覗けば、かなり親しい間柄になった場合か、よほど相手のことを見下している場合のどちらかです。たいていは前者で、嫌いな人間との関係を切る場合は通常は後者に至る前に黙ってさよならします。もし私がTwitter上で特定の人物相手にタメ口を使うようになった場合、相手と良好な関係にあることがお互いわかっている場合を除けば、私が相手をブロックする一歩手前の状態になっていると考えていただいて差し支えありません。

 日本には、「親しき仲にも礼儀あり」ということわざがあります。親しい間柄になった相手に対しても、礼儀や節度は忘れずにしたいものです。しかし、昨今は、先ほどまで述べていたように、このことわざを持ち出すまでのレベルに至っていない者があまりに多すぎます。

 就職活動や接客をしている方であれば身にしみていることでしょうが、人間たる者、第一印象というのは重要です。

 人にもよるのでしょうが、私の場合、少なくとも相手に対する評価の7割は第一印象が影響します。故に、初対面でいきなりなれなれしい態度をとる者に対しては、「こいつは基本的な礼儀が身についていない」と判断します。

 少なくとも、店員や乗員に対しいきなり横柄な態度をとる者は論外なのですが、自分の場合、特定の店舗の特定の店員がやたら自分に対してなれなれしい態度で接してくることもあり、口にこそ出していませんがあからさまに他の店員とは異なる特別な態度をとることがあります。

 自分の人生経験上、第一印象で「こいつとは仲良くできない」という印象を持った人間に対しては、どんなにこちら側が努力しても決して良好な関係が長く続くことはありません。なぜか逆に、第一印象で好印象を持った人間と実際に良好な関係が長続きすることも少ないのは不思議なんですが、第一印象が悪い人間の場合は確実にその後もだめです。

 自分も他者に対していきなりなれなれしい態度で接して、不必要に第一印象を落とすことのないよう、気をつけようと思った金曜日の朝でした。まあ私の場合、幼少の頃から周囲に反面教師(?)には事欠かなかったので、よほどのことがない限り初対面の人間に対していきなりそんな態度に出ることはないと思いますが…。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

0
0

References   [ + ]

1. 自分の半分も生きていない現役女子高生が相手でも敬語です
この記事はTwitter, 雑談に投稿されました タグ: , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す